ナミアゲハ

2011年9月15日、「交尾」を追加。

ナミアゲハ成虫

ローズマリーの花の蜜を吸うナミアゲハ(2007年5月5日 静岡県沼津市)

いわゆるアゲハチョウ(揚羽蝶)である。

よく似た種として、キアゲハがいる。 ……ナミアゲハの成虫とキアゲハの成虫は似ているが、幼虫は似ていない。 ナミアゲハの幼虫と、クロアゲハの幼虫、ナガサキアゲハの幼虫は互いに似ている。 ナミアゲハ、クロアゲハ、ナガサキアゲハの食草はミカン科の植物である。

産卵直後の卵

2005年9月14日、ルー(ヘンルウダ)に産卵直後のナミアゲハの卵。

産卵2日目の卵

2005年9月15日、産卵翌日には、卵に模様が見える。

幼虫

ナミアゲハ幼虫

ナミアゲハ幼虫(2006年8月27日 静岡県沼津市)

若齢幼虫は鳥の糞に擬態している。

終齢幼虫は葉に擬態している。 脅かされると目玉模様のある偽の頭部(実際には胸部)をもたげ、「つの」を出すのは「保護色」から「警戒色」への防御戦術の変更、といえるだろう。

(さなぎ)

ナミアゲハ前蛹

拡大

2008年8月2日、下のムスメが犬小屋の屋根内側に前蛹(ぜんよう)を見つけた。 体を固定してじっとしているが、まだ終齢幼虫の姿のままである。

ナミアゲハ蛹

拡大

2008年8月3日、幼虫の皮(外骨格)を脱ぎ捨て、(さなぎ)となっていた。

アゲハの蛹の色は、環境に合わせて緑色だったり茶色だったりする。 ミカンなどの緑色の枝では緑色の蛹、枯れ枝では薄い茶色の蛹、という具合になる(「蛹の色」参照)。 環境に色を似せて、捕食者の目を欺く擬態である。

しかし、この写真の蛹は、茶色の犬小屋なのに鮮やかな緑色である。

蛹の色は、蛹をつくる場所の「におい」によって決まるそうだ。 緑色の枝をすりつぶして枯れ枝に塗っておくと、枯れ枝でも蛹が緑色になるという。

犬小屋の塗装から、緑色の枝に似た「におい」がするのだろうか?

羽化前日の蛹

拡大

2008年8月10日、羽化前日の蛹。羽の部分がやや黒っぽいようだが、はっきりとした模様は見えない。

成虫

羽化直後のナミアゲハ

拡大

2008年8月11日朝、蛹になってから8日目に羽化。

ナミアゲハ成虫

ナミアゲハ成虫(夏型)(2006年6月28日 静岡県沼津市)

交尾

ルーの上で交尾するナミアゲハ

拡大

2011年9月15日朝、庭のルー(ヘンルウダ)にアゲハチョウがいるのをカミさんが見つけた。 よく見ると交尾している。

右側に抜け殻となった蛹が見えるので、この蛹から羽化したばかりのメスのところに、オスがやってきたものと思われる。

上側のメスは右に見える蛹から羽化したて

拡大

上側がメスで、羽化したてだから(はね)がキレイである。 上側のメスが翅を閉じたとき、オスの後翅を見るとボロボロである。 アゲハ類の特徴である、尾状突起がない。 鳥にでも襲われたのだろうか。

芝生の上で交尾するナミアゲハ

拡大

2008年9月13日朝、庭の芝生の上でからまっている2匹のナミアゲハを見つけた。 片方は羽化したばかりらしく、羽が伸びきっていない。 おそらく、羽化したてのメスを見つけたオスが交尾をせまり、交尾したものの自由に動けず芝生の上に落下したのだろう。

蛹の色

2008年10月19日、今年ルーで育った最後の世代の幼虫たちが、次々と蛹になっている。

ルーの緑色の枝のテッペンで見つけた蛹は、緑色である。

ルーの緑色の茎についたナミアゲハの蛹

拡大

茶色(チーク)に塗装した木製の椅子についた蛹は、茶色になっていた。

茶色の椅子についたナミアゲハの蛹

拡大

参考


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-09-15 (木) 22:46:55 (2832d)