チャドクガ

2012年9月21日、庭のヒメシャラの幹を降りて行くチャドクガの幼虫

拡大

ツバキ科植物の大害虫

幼虫の毛が毒針で、触れただけで大変痛痒い。

死んだ幼虫の毛や、抜け落ちた毛だけでも接触皮膚炎を起こす。

ツバキやチャノキ、サザンカ、ヒメシャラなどのツバキ科の植物の葉に群れていることが多い。 夏から秋にかけて、ツバキ科の庭木や公園の茂みに近づくときには、ざっと葉を眺め渡しておいたほうが良い。

また、成虫の体にも毒針が残るので、黄色い蛾は安易に叩かないほうが良い。

防除法

殺虫薬を撒いて殺しても、死骸が残っていれば、毒針が抜け落ちてかぶれるおそれがある。

ウチにはこんがいるし、食のパラダイス状態を維持したいので、化学薬品をばら撒いて「ミニ・サイレント・スプリング」にしたくはない。

さて、いかに駆除するかを考え、焚き火や炭火コンロへの着火に使うガスバーナーを持ち出して、焼き払った。

植物も多少は熱の害を受けるので、要注意。

参考

科学的逍遙日誌


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-09-22 (土) 23:09:39 (2553d)