ゼフィルス

メスアカミドリシジミ♂

拡大

Zephyrus はミドリシジミ類の古い学名である。 初夏の雑木林を舞う西風の精。

青緑色の金属光沢(メタリックグリーン)の翼

ジョウザンミドリシジミ♂

拡大

オスの羽は青緑色に輝く。 この輝きは鱗粉(りんぷん)の表面で反射される光の干渉によって生まれるものだ。 角度によっては地の色である、こげ茶色に見える。

人里のチョウ

羽化直後のミズイロオナガシジミ

拡大

畑の土手の草の茎に、羽化直後のミズイロオナガシジミがとまっているのを見つけた。 幼虫はミズナラなどを食べるが、地上に降りてサナギとなる。 このチョウも、落ち葉の間で羽化したのち、草に登って羽を広げていたのだ。

ミズナラとクヌギの雑木林に接する畑のような、明るいところでよくゼフィルスを見かける。 薪や炭にするために定期的に伐られる林、田畑の肥料として落ち葉の掻かれる林、そういう手入れの良い人里の雑木林が、ゼフィルスにとって居心地の良い環境なのだろう。

緑色でないゼフィルス

ウラナミアカシジミ

拡大

ゼフィルス=ミドリシジミ=緑色、ではない。 ミズイロオナガシジミ、ウラナミアカシジミといった種名からも判るとおり、さまざまな色のゼフィルスがいる。

とくに鮮やかなウラナミアカシジミの羽の裏面の色と模様をじっくりと見ていて思った。 これは、じつは巧妙な擬態なのではなかろうか。 自分の体の前後を曖昧にして、捕食者(鳥)の目を誤魔化そうという擬態

小さなゼフィルスの形態や生態から、生物の進化垣間(かいま)見える。

テリトリー占有行動

コナラの枝先でテリトリーを見張るメスアカミドリシジミ♂

拡大

木漏れ日を浴びて羽を広げるメスアカミドリシジミのオス。 近くを通りかかる別のオスを見つけると、パッと飛び立って攻撃を仕掛ける。 小さなゼフィルスの激しい卍巴(まんじどもえ)飛行は、彼らの居所を知る者だけが目にすることができる、心躍る光景である。

里山が消えるにつれ、ゼフィルスを見かける機会も減ったように思う。 このページの写真は1980年代に山梨県長坂町(現在の北杜市)で撮影したものだが、この雑木林は、今はない。


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-05-07 (水) 23:23:50 (4155d)