スズメバチ

庭の脅威

2008年9月27日の昼食後、こんに誘われて庭へ出ると、タラノキの周りをスズメバチが飛び回っていた。 タラノキの花の蜜を吸いに来たのではなく、蜜に集まる虫を狩りに来たようだった。 なんと、クモの巣にかかったミツバチを奪ったりしていた。

その後、バリバリと音がするのでそちらを見ると、スズメバチがカナブンの頭にかぶりついていた。

カナブンの頭にかぶりつくスズメバチ

拡大

いやはや、昆虫の「猛獣」という感じである。 よく見ると、後脚一本でぶら下がっている。

脚一本でぶら下がり、カナブンを平らげるスズメバチ

拡大

なお、このスズメバチはコガタスズメバチだと思うが、確実ではない。

じつはワシは10年ほど前にキイロスズメバチに刺されたことがあるので、次に刺されるとアナフェラキシー・ショック(アレルギー性のショック症状)で死ぬかもしれないのである。 人生はスリルに満ちているねぇ。

参考

科学的逍遥日誌


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-09-27 (土) 22:23:54 (3980d)