ゴマダラチョウ

幼虫

エノキの葉の上でじっとしているゴマダラチョウの幼虫

拡大

2008年10月10日朝、沼津市にて。

庭のエノキの葉がいろいろな虫に食われている。 食い痕のある葉が少し巻いているので、絶対何か居るなぁ、と思って朝日に透かして見ると、角のある姿が。

ゴマダラチョウの幼虫である。 この時期にこんなサイズだということは、やがて落ち葉の下で越冬するのだろう。 エノキの落ち葉はコンポストに入れないように気をつけなくちゃならんなぁ。

じつは、エノキの葉を調べてみようと思い立ったのは、エノキの近くのヒメシャラやミツバアケビやカツラにイラガが付いていたからだ。 しかしまぁ、ゴマダラチョウが見つかってしまうと、やはり、薬剤を散布して毛虫を退治する、という訳にはいかないね。

参考

昆虫/チョウと食草・食樹

元祖【科学的逍遙

頭の角の角度がエノキの枝の角度と一致している 脇の模様は葉脈のようだ


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-10-10 (金) 23:32:48 (3909d)