カミキリムシ

甲虫の分類は難しいので、とりあえず写真を載せておく。

不明

夜の散歩中、公園のウッドデッキでみつけたカミキリムシを携帯電話で撮影

拡大

2008年7月31日、夜の散歩中に公園のウッドデッキでみつけたカミキリムシを携帯電話で撮影(静岡県沼津市)。 白色LEDフラッシュライトで照らしたので、色調が変。ブレてるし。 こんはぜんぜん気付かないようだった。

ゴマダラカミキリ

2005年7月10日

2005年7月10日、庭のイチョウの葉の上にいたゴマダラカミキリ

梅雨前線が低気圧に流れ込む風で押し下げられたことによる「梅雨の中休み」。 午後、伸びた芝や草花を刈った。 午後5時にチャイムがなり(田舎だなぁ)、そろそろ作業を終えようとしたとき、「ブォン」という音とともに庭に飛んできたヤツが居た。 ゴマダラカミキリである。

下のムスメ(中1)が、その大きなアゴを見て、 「うわぁ、アリとか食べるかなぁ」 と言った(近くにアリがたくさん居たのである)。

カミキリムシは肉食ではない。 幼虫の時には、樹木の材を食う(だから、果樹農家や造園家にとっては害虫だ)。 樹木の幹の中で成虫となったカミキリムシは、その強力なアゴで材と樹皮を食い破って外界へと出てくるのだ。 そして食べるものは、またぞろ木の皮である。 ゴマダラカミキリの場合は、ミカンやイチジクの樹皮をかじる。

雑木林では、クヌギなどの樹皮をシロスジカミキリがかじる。 カミキリムシがかじった傷から甘い樹液がしたたり、その樹液を目当てに、甲虫やチョウが来る。 たくさんの虫が来ては舐めたりかじったりするため、大きく変形したクヌギのコブ状の傷に、カブトムシやらクワガタムシやらオオムラサキやらスズメバチやらが来ているのを見たことがある。 迷惑なカミキリムシも、甲虫やチョウや、そして子供たちにとっては歓迎すべき存在なのだ。

初出:科学的逍遙日誌

2012年7月3日

玄関先のアカメガシワから羽化したゴマダラカミキリ

拡大

上の写真のゴマダラカミキリの後ろに見えるアカメガシワの幹に木くずがついているので、そこから出てきたのだろう。 つまり生まれたてなので、体の表面は艶やかである。

ゴマダラカミキリの頭部から前胸部を拡大

よく見ると白黒のゴマダラ模様ではなく、細かな毛に覆われているようで、青みを帯びている。 この青色は地の色なのか、毛の色なのか、毛の光学的な干渉によるものなのだろうか。

ルリボシカミキリ

ガードレールのクモの巣にかかっていたルリボシカミキリ。高尾山口にて

拡大

1980年代、高尾山口にて。 ガードレールのクモの巣にかかっていた。


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-07-03 (火) 22:56:09 (2543d)