ウラナミシジミ

20021012ウラナミシジミ

拡大

2002年10月12日 静岡県沼津市にて

庭にウラナミシジミがやってきた

夏の間ダイニングを涼しく保ってくれた緑のカーテン。 まだまだ元気だが、撤去することにした。

ネットを外していると、小さなチョウがひらひらと舞っている。 庭でよく見かけるヤマトシジミよりも少し大きく、尾状突起がある。

ウラナミシジミである。

2012年10月13日「青いスイートピー」にやってきたウラナミシジミ♀

拡大

緑のカーテンのメインが「青いスイートピー」というやつだったからだろう。 ウラナミシジミの食草はクズなどのマメ科植物なのである。

上の写真はメスで、マメ科植物の匂いに引かれてやってきたのだと思われる。

メスがいれば、当然オスもやってくる。

2012年10月13日「青いスイートピー」にやってきたウラナミシジミ♂

拡大

オスの羽がボロボロなのは、鳥にでも襲われたのか、オス同士の闘いの結果か。 オス同士の闘いと言っても、互いの周りを飛び回る、卍どもえ飛行を見るだけだが。

ウッドデッキに座ってネットからつるを外していると、ワシの周りでウラナミシジミのオスが卍どもえ飛行する。 メスが飛んできて、つるの断片に卵を産む。

2012年10月13日「青いスイートピー」のつるに産み付けられたウラナミシジミの卵

拡大

なんだか、「ぼくたちのこどもたちの食べ物を取らないで」と言われているようで、非常にやりにくかったが仕方がない。 ネットから外したつるをコンポストに突っ込んだが、そこに産み付けられていた卵もあっただろうか。 上の写真の卵だけは、ネットにかかっていなかったつるの近くに置いておいた。 ウチのあたりでウラナミシジミが越冬できるかどうかわからないので、気休めではあるが。

ひらひらと舞うチョウも、過酷な生存競争の闘いの中にいるのである。

初出

科学的逍遙日誌』「 緑のカーテンにウラナミシジミが来た


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-01-05 (土) 17:12:48 (2354d)