ウスバキトンボ

20030930沼津市の自宅の庭にて、コスモスにとまるウスバキトンボ

拡大

アイドリング

上の写真では、羽がピンボケのように見えるが、じつは羽が小刻みに動いているためにブレたのである(被写体ブレという状態。ちなみに、このときの露出は F2.4、シャッタースピードは 1/40秒)。 なぜ、このトンボはコスモスにとまったまま、羽を小刻みに動かしているのだろうか?

それは、暖機運転(アイドリング)しているのである。 冬に自動車を発進させる前など、しばらくエンジンを空転させてエンジンを暖める。 それと同じで、寒い朝など、昆虫は胸の大きな筋肉を伸縮させて小刻みに羽を動かす。 このとき筋肉から発生する熱で体温を上げ、飛べる状態にするのだ。

このトンボも、3分ほどで飛び立っていった(翌朝、また同じコスモスにとまって寝ていたから、ウチの庭が気に入ったのだろう)。

赤とんぼ?

20030930ウスバキトンボの羽と腹部

拡大

オレンジ色のからだをしているので、「赤とんぼ」だが、じつは「トンボ科アカトンボ属」ではない。 色だけを見ればアキアカネに似ているが、腹部の背側中央に黒い線が走っていることから、ウスバキトンボとわかる。

また、後羽の後縁が広がっていることもアカトンボ属と異なる。

参考

元祖【科学的逍遙


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-09-05 (土) 00:26:44 (3573d)