イラガ

幼虫

カツラの葉を食うイラガの幼虫

拡大

毎年カツラに発生するイラガの幼虫。これくらいのサイズのときにツブしておかないと、大変なことになるのだ

拡大

幼虫と卵

カツラの葉についたイラガの卵と幼虫

(まゆ)

カツラの枝の下のアオイラガの繭

拡大

アオイラガ

以下、おそらく外来種のヒロヘリアオイラガと思われる。

アオイラガ幼虫

日誌/2006-10-17にはシラカシを食害するようすを記してある。

2008年9月27日、庭のヒメシャラの木でアオイラガの終齢幼虫を見つけた。

ヒメシャラを食害するアオイラガ終齢幼虫

拡大

もっといるだろうと探したところ、14匹もいた。 釜飯弁当の釜に集めたところ、脚が吸盤状なので登ってくる。 頭はトゲだらけの「鎧」の下に隠れている。

釜飯の釜の壁を登るアオイラガの幼虫

拡大

なんてこった、ゴマフリドクガの幼虫までいた。

アオイラガの幼虫に囲まれたゴマフリドクガの幼虫

拡大

ちなみに、アオイラガの幼虫の後ろの端には黒い斑点が四つある。 目のように見せる擬態だろうか。

実際、危険が迫ると、イラガの幼虫は目玉のように見える黒い斑点が付いた「しり」を振って、さもコチラが頭であるかのように見せかける。 そこで、「しり」を頭と思ってしまう人もいるようだが、上の写真を見れば解るとおり、黒い斑点のあるほうから糞を出している。

さて、本当の「頭」のほうには、オレンジ色の毛の束がある。 これは、「毒アリ。危険」と警告する標識的擬態であろう。 体は黄緑色で、かつトゲが輪郭をぼかす効果を持つため全体的には保護色なのだが、「あ、毛虫だ」と気付いて近付いた鳥などに対して、「毒アリ。危険」と警告して、食われることを回避する効果がある。

しかしオレンジ色が警告色として有効なのは、鳥類や爬虫類に対してであって、霊長類を除く多くの哺乳類には無効だ。 哺乳類の大多数は、赤色の光を知覚しない。 オレンジ色と緑色の区別がつかないのだ。

試しに、色弱シミュレーションツール*1を使って、アオイラガの幼虫の写真を見てみた。 すると、オレンジ色の毛は、周囲の緑色のトゲと区別がつかなかった。 しかし、背中の青い模様はよくわかる。

アオイラガの幼虫のP型色弱シミュレーション
アオイラガの幼虫のP型色弱シミュレーション
アオイラガの幼虫のP型色弱シミュレーション

アオイラガの青い模様は、哺乳類に対する警告色なのではないだろうか?

参考

日誌の記述

外部のサイト


*1 本/カラーユニバーサルデザイン参照。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-09-13 (火) 00:47:59 (2868d)