アブラゼミ

幼虫

庭のローズマリーの枝で羽化したアブラゼミの幼虫の抜け殻。隣にいるのは早朝のため寝ぼけているヤマトシジミ

拡大

2008年7月庭のローズマリーの枝先に、アブラゼミの幼虫の抜け殻があった。 なぜローズマリーなのか?

じつは、5年前にこの家を買ったとき、庭にはビワやカキが鬱蒼と茂っていた。 暗くて鬱陶しいので大半の木を切ってしまい、芝生と多少の庭木、そしてローズマリーなどの低木を交えた明るい庭にしたのだ。*1

まだ木が鬱蒼としているころに卵から孵って地下に潜った幼虫が、7年経って地表に出てきてみたら、カキがなくなってローズマリーになっていた、というわけだ。

成虫

2003年9月、庭のアリウムで羽化したアブラゼミ

花で羽化したセミ、という珍しい光景も、やっぱり庭木の伐採という人為的環境変化に伴うものである。

ちなみに、アブラゼミ(油蝉)という名前は、その鳴き声に由来する。 「ジー、ジー」という声が、テンプラなどを油で揚げるときの音に似ているからだそうだ。

子供のころは、幼虫の抜け殻が油でも塗ったようにツルツルだからかと思っていた。 子供のころよく見かけたニイニイゼミの抜け殻が泥まみれだったので、それとの対比から、アブラゼミの抜け殻のツルツルした印象が強かったのだろう。*2

ベランダのアブラゼミの死骸

拡大

2013年8月10日の夕方、干してあった布団を取り込むために2階のベランダに出ると、アブラゼミが死んでいた。

肢を縮め、仰向けに転がっていた。 手に取ると、その軽いこと。

2階の壁あたりに止まっていたセミが、そこで命が尽きたのか……。

悲劇

羽化中に食い殺されたアブラゼミ

羽化の途中に食い殺されたアブラゼミ。 犯人……というか犯虫……は、おそらくスズメバチであろう。*3

参考

クマゼミ

元祖【科学的逍遙

科学的逍遙日誌


*1 元祖【科学的逍遙】の「庭のセミ」参照のこと。
*2 40年前の話である。当時は関東地方や中部地方では、アブラゼミとミンミンゼミが「でかい」セミだった。まだクマゼミの東征が始まる前だったのだ。
*3 その論拠は元祖【科学的逍遙】の「庭のセミ(2)」を参照のこと。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-08-18 (日) 15:30:29 (2132d)