原子粗粒学とは

ダイエット効果があるというブレスレットの広告のチラシ*1に載っていた「トンデモ科学」。 こうなっちゃうと、「非科学的だなぁ」と怒る気にもなれないくらいトンデモない。

以下、チラシを無くしちゃったので出典を示せないので、正式な引用になっていない。 ごめんなさい。 「あ、それ私が書きました」という方がいらっしゃいましたら、お知らせください。 どうしてこんなトンデモないことを思いついたのか、ちょっと聞いてみたい気がします。

原子粗粒学に基づくダイエットの原理

原子粗粒学の発達に伴い、生命体の原理が徐々に解明されてきました。すなわち、何億、何兆分の一の顕微鏡で見れば、生命体は目に見える現象とは違って、そのほとんどが「空間」で占められているのです。ひとつの細胞を1ミクロンと仮定すると、細胞と細胞の間には、それこそ数億倍もの距離があるとされています。

この原理は、現在ではほとんどの中学校の教科書にも載っている常識ですが、人体の列欠*2をD・S・Aバイオエネルギーにより刺激することで、細胞と細胞の間の「空間」を自然に凝縮させ、恐ろしいほどスリムな体形に変えてゆくのです。

どこが「トンデモ」なのか

ワシはいちおう、大学で自然科学を専攻したし、現在も『日経サイエンス』やら自然科学系のノンフィクションやらを読んで時代遅れにならないように努めているが、「原子粗粒学」という学問領域は聞いたことがない。 だいたい、「粗粒」って「大きなツブ」だよね?  「原子」と「粗粒」って、それだけで矛盾してるよね。

「何億、何兆分の一の顕微鏡」ってのも意味不明。 電子顕微鏡の倍率を言いたいのだとしたら「何億倍」くらいだろうね。

一番すごいなぁ、と思ったのは細胞の間の「空間」である。 細胞と細胞のすきまに「空間」があったら、どうやって細胞は生きていくんだろう、といった疑問は置いといて、サイズに注目してみよう。

ヒトの細胞の大きさ(直径)は、数ミクロン(マイクロメートル)の血球から140ミクロンの卵細胞までさまざまである。 長さだけを見れば、神経細胞など1mに及ぶ。 まぁだいたい、10ミクロンくらいとしよう。 1ミクロンは10-6m、つまり1千分の1mmであるから、10ミクロンは百分の1mmである。 蛇足だが、このくらいのサイズなら、背景を黒くすれば「肉眼で見える」。

直径10ミクロンの細胞と細胞の間が、直径の1億倍(10の8乗倍)とすると、
10×10-6×108=1000〔m〕
となる。 なんと、細胞間には1キロもの空間があることになるのだ!

……たぶん、細胞と原子核を取り違えたのだろうね。 それにしてもひどい間違いで、中学校の理科の教科書に載っていないことは保証できる。

だいいち、「空間」が縮まっても、体重は変わらないじゃないか!

……あ、体重が変わらなくても、スリムになれば「ダイエットに成功」したことになるのか*3。 でも白色矮星か中性子星みたいな人間ができちまわないだろうか。 こりゃ、非科学的というよりSF的だねぇ。

参考

ダイエットや化粧品のチラシには、ニセ科学的なものが多い。 日誌/2007-05-16も参照のこと。

細胞や原子のサイズを「見る」には、やっぱり『Powers of Ten』が最適かなぁ。

ちょいと検索してみると、やっぱりこの「原子粗粒学」にツッコミを入れた人がいました。


*1 書き忘れていたけど、1999年の話。よく考えたら「前世紀」だねぇ。
*2 痩せるツボのことらしい。
*3 もちろん、横幅だけでなく高さも小さくなる。つまり、同じ縦横比のまま縮小されちゃうから、体型はやっぱりスリムにならない?

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-05-19 (土) 23:33:34 (4419d)