表面温度を測る

オーム電機の赤外線温度計「TN006」を買ってみた。 いろいろな物体の表面温度を測ってみようと思ったのだ。 ワシの場合、生態学や微気候学的な表面温度に興味があるのだが、キッチンでは油の温度を測るなど、いろいろな用途があるようだ。 ちなみに、こんの耳の穴につっこんで体温を測ろうとしたが、嫌がって逃げるのでちゃんと測れなかった。

ウッドデッキの表面温度

ウッドデッキの表面温度

2008年4月13日、午前10時50分にウッドデッキの表面温度を測ったところ、50.4℃だった*1。 この時期(気温は20℃前後)でも太陽の直射を受ける濃い色の物体の表面は熱くなるものだね。 こんが早々に昼寝を切り上げて、ウッドデッキの下に潜りたがるのもよくわかる。

芝生の表面温度

芝生の表面温度

では、芝生(ヒメコウライシバ)の上はどうかと測ってみると、29.6℃だった。 もう少し低いのではないかと思っていたが、意外に高い。 まだ葉が繁っていないからだろうか。

タンポポの花弁の表面温度

タンポポの表面温度

ということで、盛んに繁っているタンポポの葉の表面温度を測ってみると、24℃前後であった*2。 葉からは水分が蒸発(蒸散)することで、直射日光が当たってもあまり温度が上がらない。 打ち水と同じ効果である。

花弁(花びら)はどうなのだろうと調べてみると、24.2℃だった。 キチンと計測して統計処理したわけではないので、「葉と花の表面温度は同じである」と結論はできないが、葉とあまり変わらないようだ。

まあ、花は葉が変形(変態)したものだから、当然と言えば当然だろうか。

コデマリの花の温度

コデマリの花

2008年5月4日、コデマリのドーム上の花序(かじょ)の表面温度を測ってみたら、25.2℃だった(花の写真は昨年4月のもの)。

下から見上げたコデマリの花序

このとき、ドームの中は、24.2℃だった。

葉の表面温度は22.8℃なので、花の内外のほうが温度が高かったことになる。 単純に、花のほうが蒸散量が少ないため温度が高めになるのか、それとも、花の温度が高いことに何か適応的な意味があるのか……。

参考


*1 この写真の角度で測ったわけではない。測定時には、ウッドデッキ表面に垂直に赤外線温度計をかざした。その後、写真に写りやすいように温度計を傾けたのだ。
*2 ちなみに、日向と日蔭の葉の表面の温度差は6℃前後であった。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-05-06 (火) 20:51:21 (4062d)