土の中には砂鉄はないのか?

砂鉄は砂にしか含まれていないのか?

小学生向けの教材などには、「砂鉄を砂場で探してみよう」と書かれている。 たしかに、砂場に使われている川砂には砂鉄がたくさん含まれている。 川原や砂浜の砂に磁石を近づけると、砂鉄が付く。

砂浜では、砂鉄が黒い層を成していることもある。 波(流れる水)の作用で、大きさ・重さが均一な粒が集められるので、砂鉄の層ができるのだろう。

では、土の中には砂鉄は含まれていないのだろうか?

土の中の砂鉄を探す

庭の乾いた土で試してみた。 ファスナー付きのポリ袋に磁石(レンジフード固定用の強い磁石)を入れ、そのポリ袋をプランターにためている土の上に置いた。

磁石に吸い付けられる土の粒

拡大

砂鉄(細かい黒い粒)も採れたが、塊もいっぱい磁石に付いた。 直径1mmほどの土の粒子である。 酸化鉄、つまりサビを含んでいるため、赤っぽいものが多い。

うちの庭の土なので、間違いなくミミズの体内を通過したものだ。 砂鉄、粘土粒子、生物の分泌した粘液のタンパク質、硝酸塩や燐酸塩などの無機栄養分、……土の粒は様々な物質を含む複合素材なのだ。

参考

地殻を構成する物質は、55%が二酸化ケイ素(シリカ)、15%が酸化アルミニウム(アルミナ)、9%が酸化鉄(黒サビ・赤サビ)である。


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-03-21 (日) 00:43:03 (3438d)