鳥の羽根をスキャンする

朝の散歩中、鳥の羽根を拾った

鷹のような模様の羽根

拡大

2008年1月26日(土)の朝、こんと朝の散歩中、鳥の羽根を拾った。 田んぼの畦道に落ちていたのである。

模様が見事なので持ち帰って洗った。 洗うとき、一度熱湯をかけ、そのまま湯に数分浸けておく。 鳥の羽根には、ダニが付いていることがあるからだ*1。 鳥の羽根を集めて野鳥図鑑を作ろうとか、自由研究にしようとか、そのようなことを考えている人は、ご注意を。

写真か、スキャンか

羽根の現物は居間の飾りにするつもりだが、記録のために画像にしようと思った。 そこで考えたのは、写真(マクロ撮影)か、複合機でスキャンするか。

マクロ撮影ってのはけっこう疲れるので*2、複合機のスキャナを使うことにした。 以前、ニワハンミョウ紅葉をスキャンしてみて、出来栄えはともかく簡便で楽だよなぁ、と思ったからだ。

……というわけで、スキャンしてみたものが、上の写真である。

何という鳥の羽根か?

どうやら初列風切羽根、つまり翼を広げたときに、最も先端の並びの羽根のようだ。 鷹のような模様の羽根だが、ワシタカ類とは限らない。 フクロウやカッコウのなかまも、このような模様の羽根を持っているからだ。

だが調べてみると、カッコウやツツドリとは模様が違う。 フクロウやアオバズクにしては大きいし*3、振ってみるとビュッと音がする*4。 だいいち、アオバズクは今の季節にはここいらには居ないはずだ。

ワシタカ類だとすると、ここいらで見かけるのは、トビとミサゴ*5と、チョウゲンボウ。 大きさからすると、チョウゲンボウでもおかしくないだろうか?

ということで、RFC(コメント求む)。

以後、コメントスパムにやられるので、コメント機能削除。


*1 まぁ、この季節だから大丈夫だとは思うが念のため。
*2 ライティングを考えたり中腰で構えたり……。
*3 上の写真の背景にうっすら見えている格子は、5mm間隔である。
*4 フクロウ類の羽根には消音機構が付いているので、音がしないのだ。
*5 翼の長い大型のタカで、魚を捕る。翼の幅が狭く白っぽいので、大きなカモメと見誤る人もいる。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-04-10 (土) 19:34:53 (3355d)