人魚の骨格

コペンハーゲンの人魚像は……人魚なのか?

デンマークへ行ったことがないので、実物を見たことはない。当然写真もない。すみません。 Wikipedia.ja:人魚姫の像でも見ていただきたい。

「世界三大がっかり」として有名だということで、写真をつくづくと見たのだが、あの人魚姫の像は、本当に人魚なのだろうか?

……ということで、どんな骨格なのか、想像図を描いてみた。

人魚の骨格(想像図)

非常に簡略化(手足の骨も肋骨も省略)して、特徴がわかりやすくした。 上の図からわかるように、足が2本ある。

人魚というより、フィン(足ひれ)を付けたただの人のように見える。 水中生活に適応するように進化した形態とは、あまり思えないのだ。

そこで気付いたのだが、足があって腰があるから、人魚は座っていられるのではないか?  より進化した海獣(かいじゅう)は、座れるのだろうか?

水中生活できるイヌ?

アシカの骨格を見てみよう。 例によって簡略化しているので、背骨の数などは不正確である。悪しからず。

アシカの骨格(模式図)

アシカ、オットセイ、トド、アザラシのなかまは、3000万年ほど前、海に戻った*1と考えられている。

その中でもアシカやトドは、陸上生活していた名残が多く残っている。 例えば、アシカやトドには耳介(じかい)(みみたぶ)がある。 そのためか、アシカの表情はイヌに似ているように思われる。

骨格の図からもわかるように、4本の脚で体を持ち上げて、腹を付けずに歩くことができる。 いささか無理な姿勢ではあるが、座ることもできる。

絶対座れない、アザラシ

アザラシの骨格(模式図)

アザラシには耳介がなく、頭の横に外耳道(耳の穴)が開いている。 後脚はとても短く、前脚もひれ状なので、体を持ち上げて歩くことはできない。 腹を付けたまま、ずりずりと移動する。

岩の上で休むワモンアザラシたち アラスカ/哺乳類/ワモンアザラシ

こういう体形になってしまうと、もう、座ることは不可能だ。

海生哺乳類の進化の頂点

水中で生活すること、たぶん5000万年。 恋愛も出産も、その生活のすべてを水中で行う哺乳類がクジラとイルカのなかまである。

クジラの骨格(模式図)

アシカやアザラシのような新参者は後脚をフィンのように使って推進力を得ているが、クジラの推進力は尾である。 上の図の矢印のように、後脚の骨は痕跡程度まで退化している*2

こうなると座ることはおろか、陸上に上がると体重で内臓が圧迫されて死んでしまう。

……なんだか「人魚」の「人」の部分から最も遠いところに来てしまったように思われるが、「知能」という点において、クジラやイルカはヒトに近いところに居ると考えられているのが皮肉である。


*1 もともとすべての哺乳類は、海から陸に上がった両生類から進化したのだから、海生哺乳類は「海に戻った」ことになるのだ。
*2 生物の進化には、器官の退化を伴うのである。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-09-22 (火) 23:14:48 (3558d)