日没時の三日月の位置の変化について

2007年春分の日の翌日に気付いたこと

2007年3月22日、春分の日の翌日、日没からさほど経たないうちに帰宅中、西の空に三日月と金星が見えた。 そのとき、先月見た三日月と位置が違うような気がしたので、調べてみた。

3月の日没時の三日月の位置

まず、3月22日の日没時の三日月の位置を、Stella Theater Pro*1でシミュレートしたものを次に示す。

2007年3月22日、日没時の三日月の位置

図中の黄色い線は黄道、つまり星座を背景にして太陽が1年間に通る道筋である。 この図で、黄道が地平線と交わったその先(下)に、日没直後の太陽がある。 春分の日の翌日なので、太陽が沈む方位はほぼ真西である。 三日月も、ほぼ真西に見える。

2月の日没時の三日月の位置

一月前の三日月の位置は、次のように3月よりも南寄りであった。

2007年2月21日、日没時の三日月の位置

太陽の沈む方位も真西よりやや南寄りである。 月にしろ金星にしろ、太陽系の天体はすべて黄道の付近を通るので、まぁ当然であろう。 冬至のころ最も南寄りで、夏至のころ最も北寄りになるはずだ。

……ということで、冬至(12月)から夏至(6月)までの日没直後の三日月の位置を調べてみた*2

12月から6月までの日没時の三日月の位置

12月〜6月、日没時の三日月の位置

2006年12月から2007年6月までの三日月(月齢3前後)が、日没直後にどのように見えるかを示した。 太陽が沈む位置は、冬至(12月)に最も南寄り、夏至(6月)に最も北寄りになる。 三日月の位置も、だいたい冬至(12月)に最も南寄り、夏至(6月)に最も北寄りになるようだ。

だが3月以降、三日月はそれほど北寄りにならない。 その代わり、三日月の傾きが増していく。 黄道と地平線の交わる角度が小さくなっていくからだろう。

実際に三日月を見て確認してみるかな。

2007年6月の三日月のころ、惑星を見よう

2007年6月までの三日月のようすを調べていて、惑星がまとめて見られることに気付いた。 2007年6月18日前後、水星と金星、土星が三日月の近くに見えるはずなのだ。

2007年6月、日没時の三日月と水星・金星・木星・土星

それだけではない。 南東の空には木星も見えるはずだ*3

いくつもの惑星が星空に同時に見えると、なんとなくわくわくする。 土星や木星はフィールドスコープ(地上望遠鏡)でもその形や模様がはっきり判るから、また空に向けてみるかな。

これで火星が見えれば、肉眼で見える惑星が勢ぞろいとなるのだが、残念ながら火星は日没時には地平線の下である*4

ちなみに、このような予測ができてしまうのは、天体の運動が規則的で、位置の計算が可能だからだ*5。 惑星が太陽の周りを回る天体であり、その位置が予測可能であることを知らなかった時代の人ならいざ知らず、理科教育を受けた現代人が「星占い」なんてものを頼りにするのはまったく理解できん。

……あっ、そうか。 現在の理科教育では惑星の扱いが軽すぎるんだね。 ……っていうか、高校で地学を履修しなかったりするもんねぇ……。


*1 シェアウェアの天文シミュレータ。常用リンク集参照
*2 一年間にしようかと思ったのだが、往復になってしまって見づらくなるので半年間にしたのである。
*3 結果報告:梅雨時だったこともあり、惑星を四つ同時に見ることはできなかった。夜のこんの散歩の時間には、水星は沈んじゃってるしね。それでも、月の近くに明るく金星が輝き、その明るさにちょっと暗く見えてしまう土星も西の空にあり、さらに振り返ると東の空に木星が負けじと輝く、という贅沢な夜空であった。日誌/2007-06-15参照。ちなみに、5月にはあまりに金星が明るいので、携帯電話で写真を撮ってみたら、写った。公園の池に映る外灯や街灯の上に、月と金星が浮かんでいる。どこかの店の宣伝用のサーチライトも空を照らしていた。
*4 この時期、火星は明け方の東の空に見えるだろう。
*5 だから天文シミュレーションプログラムなんてものが可能となるのだ。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-08-04 (土) 11:45:10 (4433d)