一番星を探す

日没後の黄金色に輝くとき、「マジックアワー」もそろそろ終るというころ、一番星がその姿を現す。 子供のころ「いちばんぼし、みーつけた」と言いながら家へと帰ったことを思い出す。 あの一番星は、いったいどの星だったのか?

2009年1月1日17時15分、三日月と金星

2009年1月1日17時過ぎにこんと散歩していると、三日月と金星が南西の空に架かっていた。 散歩するときに持っているカメラは携帯電話だけなので、三日月が太って気の抜けた写真となった。 手ぶれ補正機能のせいかな?  シャッターを切った瞬間にこんにリードを引かれたりするし。

それはさておき、一番星の最有力候補は、金星である。 なんといっても「(よい)明星(みょうじょう)」なのだから。

金星は、地球よりも内側の軌道を回る「内惑星」なので、太陽から大きく離れて見えることはない。 つまり、日没時に東の空に見えたりすることはない。 そこで、一番星を探すとき、まず、西から南西の空を見上げてみると良いだろう。

もちろん、いつも金星が宵の明星として夕空に輝くわけではない。 金星は明け方の東の空に輝く「()けの明星(みょうじょう)」でもあるからだ。 金星が太陽をめぐる軌道のどの位置にあるかによって、夕方・明け方のどちらに見えるかが決まる。 明けの明星は一番星にはなり得ない。

2009年1月3日、またマジックアワーこんと散歩。

南西の空に少し太った三日月が浮かび、その下に一番星。 宵の明星、金星が輝いていた。

地平線のオレンジ色の輝きが失せて行くころ、「二番星」を見つけた。 木星である。

山のほうへ登って地平線近くに目をやるうち、木星のすぐ近くに「三番星」を見つけた。 水星である。

とても携帯電話のカメラでは写せなかったので、天文シミュレーションソフトで作成した南西の空の図を示す。

2009年1月3日17時30分の南西の空のシミュレーション画像

この図では、黄道(地球が太陽をめぐる公転軌道面)に沿って、天王星や海王星も示されているが、もちろん、これらの遠方の惑星は、肉眼では見えない。

しかし、実際の空で月と金星・木星をつなぐ線を想像すると、惑星が太陽をめぐる公転軌道面が見えてくる。 地球も同じ平面上を公転している。 このことに気付いた瞬間、ちょっと感動した。

そのまま視点を自分の後方へ、地球から遠ざけていくと、太陽系の惑星の配置が想像できる。

2009年1月3日には、次のような惑星の配置になっている。

2009年1月3日の水星・金星・地球・火星・木星の位置

この配置の地球からの眺めが、上の南西の空の図のようになるのだ。 次のように傾けると、解りやすくなるかな?

2009年1月3日の水星・金星・地球・木星の位置……傾けたもの

金星がこの図とは反対の位置に回ると、明けの明星となり、一番星ではなくなる。 そのときには、木星や火星などの惑星が一番星として輝くだろう。

火星・木星・土星は地球よりも外側の軌道を回る「外惑星」なので、太陽と反対側に見えることもある。 日没時に東の空に見えることもあるので、西の空に一番星が見つからなければ東の空も探してみよう。

もちろん、夕暮れのころすべての惑星が地平線の下になってしまうこともあるだろうが、そのときには、夏の大三角形や冬の大三角形を構成するような1等星を見つけたとき、「いちばんぼし、みーつけた」と叫べばよいのである*1

参考


*1 似たような明るさの星がいっぺんに現れてくるだろうから、ケンカになるかもね。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-01-06 (火) 22:11:58 (3821d)