オタマジャクシの顔つきってどんなんだっけ?

オタマジャクシはカエルの子、とは言うけれど

オタマジャクシのようすを思い浮かべてみて欲しい。

かわいいオタマジャクシ(想像図)

オタマジャクシはカエルの子だから、というアタマがあると、こんな具合のかわいいオタマジャクシにならないだろうか。

カエルのように飛び出たつぶらな目、大きな口の上の鼻の穴……。

いやいや、そんなはずはない。

というわけで、ヒキガエルの卵が小さなカエルになるまでの間、つぶさに観察した経験から、想像図を描いてみた。

実態はこんなもののはずだ

オタマジャクシはカエルの子、というより、カエル(両生類)に進化する前の魚の状態に近い。

目はカエルのように飛び出していないし、つぶらでキラキラしてもいない。 どちらかというと、どんよりとしたサメのような目付きだ。

鼻の穴も、カエルというよりフナとかコイの鼻の穴のようだ。

口は下を向いたおちょぼ口で、水草や石に付いた藻類や、泥の中の有機物をすする。

かわいくないオタマジャクシ(想像図)

もちろん、実物を見ながら描いたわけではないので、誤りがあるかも知れない。 そのうち、もう一度実物を観察してみるかなぁ。

ちなみに、魚のような鰓穴はなく、呼吸孔という筒状の穴があり、口から吸った水をここから吐き出す。 奇妙なことに、日本産の両生類では、呼吸孔は体の左側面だけにある。

そういえば、幼生が小さなカエル(成体)へと変態するとき、まず後ろ足が出て、それから前足が出るが、左前足は呼吸孔付近の皮膚をバリッと破って飛び出してくる。

皮膚を破って足を出したり、尾を融かして吸収したりと、オタマジャクシがカエルになる過程をじっくり見ると、なかなか不気味である。

参考


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-11-12 (木) 00:14:42 (3629d)