携帯電話の履歴

1999年に携帯電話を使い始めてから、ずっとドコモである。 理由は、固定電話にかけるときに安いからだ。 家庭を持っていると、固定電話は(まだ)必須だからね。

それと、割と辺鄙なところに行っても電波が届くことも重要である。 足尾野生動物の調査をしているとき、尾根の向こうの仲間と話すのに、トランシーバーの電波が届かないので、麓の町の基地局を経由して、携帯電話を使ったことがあった。

N501i

初代の携帯電話は1999年7月から使い始めた。 そもそも携帯電話を買った理由は次の通り。

……という仕事上の必要からのほか、次のような私的な目的もあった。

ところが、山に行くととたんに「圏外」となってしまうのだった。

N504i

2002年9月、カミさん用の携帯電話を買い足すのと同時に、ワシ携帯電話も買い換えた。

N504iとPalmVx

元祖【科学的逍遥】の関連記事

SH901iC

2005年3月15日購入。 ワシにとっては初のカメラ付き携帯。 お散歩カメラとして使えるかと期待したのだが、やはり限界を感じた。

多少重いことと、サブ液晶がないことが不満であったが、独自のヴューアモードなどが重宝であった。 液晶画面が表になるようにして折り畳んだ状態で、カーソルキーを使ってメールチェックやiモードのブラウジングができたのだ。

2008年5月18日、洗濯機の中で絶命。

携帯で顕微鏡写真を撮る

科学的逍遙日誌の関連記事

SH705iII

SH901iCが絶命した翌日の2008年5月19日購入。

春の人事異動で Web の管理者という仕事から離れたので、最新の機能を追う必要がなくなった。 ということで、ややシニア仕様の文字が大きく読みやすい機種を選択した。

写真の画像がイマイチのように思えるのは、レンズが小さくて色収差が気になるからかな?

F-12C

仕事上、スマートフォン向けの商品開発を考える必要があり、3年使ったSH705iIIもヒンジやコネクタのカバーに傷みが来ていたので、2011年9月24日に購入。

Android スマートフォンは基本機能にさほど違いはないから、付加機能で選ぶことになる。

散歩中に雨に遭ったり、山に持って行ったりするので、防水が望ましい。 おサイフケータイとしても使う。 ワンセグは無くてもいい。災害時などにはあれば便利だが、それだけバッテリーを食うだろう。 カメラ機能も、お散歩カメラは別にあるから、それほど重視しない。

……ということで実機を触ってみて、店員の意見も聞き、F-12C に決めた。 防水でおサイフケータイ機能がある。 カメラは810万画素。 ワンセグなし。 本当は、耐衝撃性能も欲しかったのだが(au の G’zOne IS11CA みたいな)、それほど無茶はしない予定なので、大人しいスマートフォンにした。

2011年11月3日朝の散歩中に見た雲をF-12Cで撮影。太陽の光で色づいた雲の色を強調するためPhotoshopで補正

科学的逍遙日誌の関連記事

F-06E

F-12C がメモリ不足のため仕事に差し支えるようになったので、2013年6月28日に購入。

F-12C(左)とF-06E(右)

拡大

携帯電話もスマートフォンになると、もう小さなコンピュータだね。

会社でふと、F-06E の上に関数電卓 FX-502P を載せてみたら、同じ大きさだった。

FX-502P(上)とF-06E(下)。厚みもほぼ同じである

道理で、F-06E を手にしたとき、携帯電話としては大きいが、妙に違和感なく持ちやすいサイズだなぁと思ったわけだ。

ボタンだらけの FX-502P に対し、F-06E の前面には機械的なボタンがなく、側面に3個だけ

F-06E で使っている関数電卓アプリケーション「Panecal Plus」を起動してみた。

FX-502P(奥)とF-06E(手前)

拡大

一見似たようなサイズの関数電卓に見えるが、この二つのデバイスの間には34年の歳月の隔たりがあり、一方は通信機器でありカメラであり万歩計であり財布であり本でありテレビであり、世界とつながる窓である。

科学的逍遙日誌の関連記事

参考


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-08-06 (火) 22:36:20 (2203d)