擬態

擬態の分類

隠戴的擬態(mimesis)
いわゆる保護色。
標識的擬態(mimicry)
いわゆる警戒色。 わざと目立つようにしているような場合。
ベーツ擬態
毒針を持つハチに似たスカシバ(ガ)やカミキリムシ、有毒で不味いジャコウアゲハに似たオナガアゲハなど。
ミュラー擬態
不味かったり有毒だったりする動物が、互いに似通っていることで生存確率を高めている。 「不味い・有毒」と宣伝しているわけ。 ハチの黄色と黒色の縞模様など。
攻撃擬態(ペッカムの擬態)
捕食者の保護色。 草や花に潜んで訪花昆虫を捕食するカマキリやハナグモなど。
種内擬態(intraspecific mimicry)
競争相手が他の種ではなく、同種の場合。

擬態の例

ウラナミアカシジミの前翅と後翅
ウラナミアカシジミの偽りの姿
ナミアゲハ幼虫

ナミアゲハ幼虫(2006年8月27日 静岡県沼津市)

ツマグロヒョウモンのメス

参考


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-12-23 (土) 11:40:53 (4622d)