寄生

寄生バチ

ウチの庭のカツラにはイラガがつくので、ときおり葉を見上げて食い痕がないか調べている。 すると、何やら白っぽいものが見えた。

2008年10月18日、カツラの葉になにやら白っぽいものがついているのを見つけた

よくよく見ると、白いものは小さな(まゆ)である。 真ん中の緑色のものは、縮んでしまっているのでよくわからないが、トゲがあるのでたぶんイラガの幼虫である。

ヤドリバチの繭に囲まれたイラガの幼虫の死体

拡大

おそらく、このイラガの幼虫はヤドリバチに寄生されていたのだ。 ヤドリバチは生きているイモムシ(や毛虫)の体内に細い産卵管を刺し込み、卵を産みつける。 その卵から(かえ)ったヤドリバチの幼虫は、イモムシの内臓を(殺さないように)食べて育つ。 そしてイモムシが成長し、サナギになるころ、イモムシの皮膚を食い破って外へ出て繭を作るのである。

あまりに残酷なイモムシの運命に、ダーウィンが造物主としての神への信仰を捨てたとかいう話があったように思う(『本/日経サイエンス/1996年1月号』)。

寄生植物

寄生というと「寄生虫」というイメージが強いが、植物も寄生する。 植物に寄生する植物としてよく知られているものの一つが、ヤドリギである。

2009年3月5日、冬枯れのケヤキの枝先につく、緑色のボールのように見えるのがヤドリギ

ヤドリギは常緑なので、冬に見つけやすい。 ケヤキなどの大木を見上げると、冬なのに緑色の葉が丸くボールのようになっていることがある。 鳥の糞などから発芽したヤドリギが、ケヤキの枝の中に寄生根を伸ばして栄養分や水分を奪っているのである。 高木に寄生することで、日光のよく当たる高い位置と、養水分が確保できるわけだ。

寄生と捕食

夏ともなると、ウチの庭では間違いなく蚊に襲われる。 ムラサキシキブの茂みや、ミョウガの群落の葉陰から、血に飢えた吸血鬼がやってくるのだ。

さて、ヒトにとって(こんにとってもそうだが)蚊は外部寄生者だろうか、それとも捕食者だろうか。

外部寄生
ノミ、ダニなど
内部寄生
カイチュウなど

ハエにとってクモは、体液を吸われるのだけど、捕食者だよね。

寄生と捕食の境界は、次のどこにあるのだろう。

捕食の例

ガガンボを捕食するカワトンボ

ガガンボを捕食するカワトンボ

拡大

カナブンを平らげるスズメバチ

脚一本でぶら下がり、カナブンを平らげるスズメバチ

拡大

寄生と共生

マツタケのように、種子植物と共生している菌類も多い。『もやしもん』参照。

寄生と腐生

生きている宿主の体から栄養分を奪えば寄生、遺体から栄養分を奪うなら腐生(ふせい)である。 菌類、つまりキノコやカビの大部分は腐生生物だが、白癬(はくせん)菌(水虫菌)のような寄生生物もいる。

(この項目は書きかけ)


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-03-06 (金) 22:36:59 (3879d)