皆既月食

2007年8月28日

6年ぶりに全国で皆既月食が見られる……はずだったのだが、ワシの住んでいる沼津では、東の空が曇っていて、皆既月食は見られなかった。

月が見えるようになったときには、部分月食になっていた。 満月の右上が地球の影で、欠けていた。 その後、こんの散歩に付き合っているうちに、地球の影は月から離れ、いつもの満月となった。

2007年8月28日の月食

2007年8月28日21時27分、静岡県沼津市にて。OLYMPUS E-20, 36mm, F/2.4, 1/30秒。

赤黒い月

上の写真では、地球の影の部分は真っ黒に見えるが、じつはまったく太陽の光が当たっていないわけではない。 もしも雲がなければ、皆既月食の最中の月は、赤黒く見えたはずだ。 これは、地球の大気を通過した太陽の光(朝日・夕日と同じような状態の光)が届いているからである。

皆既月食のときの月面から太陽を見ると、皆既日食となっているはずだ。 太陽は地球に隠され、地球の縁は大気の層で赤く縁取られているだろう。

皆既月食は、太陽と地球、月が一直線上に並んだときに起こる。 満月の度に月食にならないのは、地球の公転軌道面と月の公転軌道面がぴったり重ならないからである。

次回の皆既月食

2010年12月21日、月の出の前に欠け始め、食が最大になるのは17時16分。 皆既食の終わりは17時53分、食の終わりは19時01分。


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-08-28 (火) 23:16:39 (4311d)