加速度の単位

地震災害の報道で、地震による加速度の単位として「ガル」が用いられる*1。 だが、国際的な加速度の単位(学校で習う単位)は、「メートル毎秒毎秒(m/s2)」である。

ガル

1ガル(Gal)は、1秒間に1センチメートル毎秒(cm/s)だけ速度が増すときの加速度である。 そこで、「ガル」は「センチメートル毎秒毎秒」と表すことができる。

1Gal = 1cm/s2

したがって、「ガル」を「メートル毎秒毎秒」を用いて表すと次のようになる。

1Gal = 0.01m/s2

Gal と G

加速度を(なんとなく)体感的にとらえるには、G(ジー)を用いるとよいだろう。

G すなわち「重力加速度」は、地球表面において、物体に働く重力の加速度である*2

1G ≒ 9.81m/s2

1G ≒ 981Gal

身近な加速度

発進後5秒で時速90kmに達するジェットコースターの加速度は、

5m/s2 = 500Gal ≒ 0.51G

である。

時速36kmで走っている自動車が1秒で止まれば、そのときの負の加速度は、

10m/s2 = 1000Gal ≒ 1.02G

である。 ただし、自動車のブレーキは、

7m/s2 = 700Gal ≒ 0.71G

くらいが限界だそうだ。

原子力発電所の耐震安全性

柏崎刈羽原子力発電所の3号機タービン建屋の1階は、地震の加速度として854ガルを想定していた。 2007年7月16日、マグニチュード6.8の新潟県中越沖地震が発電所を襲い、想定外の被害が発生した。

このときの地震の加速度は、2058ガルを記録した*3

ところが、9月に新聞の折込チラシと一緒に入っていた、「新潟県中越沖地震を踏まえた浜岡原子力発電所の対応状況について、お知らせいたします。」というチラシには、柏崎刈羽原子力発電所が想定外の揺れに襲われたことについては一言も触れられていない。

柏崎刈羽原子力発電所の状況は?

■今回の地震に伴い運転中の3・4・7号機及び軌道操作中の2号機が設計通り自動停止しました。また、全号機(7基)の原子炉を冷却する機能は正常に動作しており、「止める、冷やす、閉じ込める」という重要な安全機能は維持されています。

■変圧器火災や海・大気中への微量の放射性物質の放出など、さまざまな事象の発生が確認されていますが、いずれも周辺環境に影響を及ぼすものではないとのことです。

また、浜岡原子力発電所の耐震安全性についても、次のように述べられている。

浜岡原子力発電所は、想定東海地震やこれを上回る安政東海地震などを考慮して策定した基準地震動S2(600ガル)に対して耐震安全性を確保しております。

600ガルというと約0.6G、自動車の急ブレーキよりもゆるい加速度である。 柏崎刈羽原子力発電所は、設計値の2.4倍の加速度に遭ったわけであるから、もしも浜岡原子力発電所が同じ状況に遭遇したとすると、1446ガル(約1.5G)となる。 そういう揺れにさらされたとき、浜岡原子力発電所は、本当に放射性物質を撒き散らすことなく「安全に停止」できるのだろうか? 

……というような懸念を一般市民として持つわけだが、一方的に「安全です」と宣伝するようなチラシをばら撒かれると、不信感が先に立ってしまう。

そんなこともあって、地震大国日本には、原子力発電所は適切ではないように思うのだ*4


*1 ガリレオ・ガリレイに因むものだそうだ。そういえば物理の実験で、ガリレオによる斜面の落体実験の再現実験をやらされたなぁ。
*2 ……っていうような書き方、マニュアルなんかで見かけるけど、そのまんまだよね。
*3 東京電力「柏崎刈羽原子力発電所における平成19年新潟県中越沖地震時に取得された地震観測データの分析に係る報告(第一報)(PDF 2.04MB)
*4 じゃあ、原発なしに電力をどうやってまかなうか? 太陽光発電やせせらぎ発電、コジェネレーションなど、電力を消費する場所に近いところで小規模に発電するのが、正しいやり方ではないかと思う。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-09-16 (日) 23:16:56 (4292d)