変形菌(粘菌)

ムラサキホコリ

ムラサキホコリ?

拡大

梅雨のころと秋雨のころ、林の切り株などで変形菌、またの名を粘菌を見かける。 庭でも見かける。そのうち庭の粘菌写真集など作ってみたいものだ。

一見するとカビかコケのようだが、差し渡し10cmを超える巨大な(ただし厚みのない)アメーバ状となった姿を見ると、こいつはいったい植物なのか動物なのかと考えてしまう。 正解は、「植物でも動物でもない」だし、「植物が動かない」というのは幻想なのだが。

ところで、変形菌(真正粘菌)と、細胞性粘菌は違う仲間なのだそうだ。 変形菌はアメーバ状の単細胞が集合すると細胞膜が融合して多核体となって這い回る。 一方、細胞性粘菌は融合せず、多細胞のまま這い回るのだという。 細胞性粘菌は、生物の教科書にも載っているが、実物を見たことはないなぁ。

ヘビヌカホコリ

ヘビヌカホコリ

拡大

2008年11月23日、栃木県日光市(旧足尾町)の雑木林で、倒れた木の幹に、黄色い細かいネットのようなものがあるのを見つけた。

ネット状の部分は子実体で、胞子をつくっているため粉っぽい。 右のほうに細く糸を引いたようになっている部分は、子実体になりそこなった変形体だろうか。

参考


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-11-25 (火) 21:56:33 (3856d)