マイコプラズマ

最小の生きた病原体

0.2μm〜1μm の小さな病原体で、元気な若者に多い「マイコプラズマ肺炎」などの感染症の原因菌である。 1μm(マイクロメートル)は1000nm(ナノメートル)だから、0.2μmは200ナノメートルとなる。

文部科学省 ナノテクノロジー総合支援プロジェクトセンターのナノメートルの長さによると、インフルエンザウイルスで100ナノメートル程度である。

ウイルスの数倍程度の大きさだが、マイコプラズマはウイルスとは違って生きている。 細胞である。 細菌である。

しかし、肺炎双球菌や枯草菌(納豆菌:2.5μm)、乳酸菌、大腸菌(2〜5μm)その他、おなじみ(?)の細菌とはちょっと違う。 多くの細菌には、細胞壁*1がある。 そのため、細菌そのものは球形やカプセル型などの固有の形をしている。

ところが、マイコプラズマは細胞壁を欠き、アメーバのように変形する。 そのため、細長く伸びれば、ごく小さなすき間のフィルターを通過してしまう。

また、細胞壁の合成を阻害するタイプの抗生物質(ペニシリンなど)は効果がない。 テトラサイクリン(RNAの合成を阻害する)、エリスロマイシン(タンパク質の合成を阻害する)などの抗生物質は一定の効果があるようだ。

横浜市衛生研究所のページによると、マイコプラズマ肺炎の予防法は、次のようなものである。

マイコプラズマ肺炎に対するワクチン(予防接種)は今のところ、ありません。

人ごみはできるだけ避けましょう。

鼻をほじくるんだったら、手を洗ってからにしましょう。汚染した指を鼻の中に入れることによって、鼻の粘膜まで病原体を運んでしまう可能性があります。鼻をほじくるよりは、鼻をかんだ方が良いです。鼻をかんだ後のティッシューなどは、すぐにきちんと自分で始末しましょう。また、鼻をかんだ後にも手を洗いましょう。

マイコプラズマ肺炎の患者と同じ部屋で眠るのは控えましょう。

他の人に向けて咳をするのは、やめましょう。


*1 植物細胞の細胞壁とは違う。植物細胞の細胞壁の主成分はセルロース、つまり繊維だが、細菌の細胞膜は糖タンパクである。単なる防壁でなく、物質輸送の制御やセンサーのような働きもする。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-10-10 (火) 22:15:12 (4695d)