ダニ

こんの頭についていたダニ

2013年2月16日、散歩から帰ってきたこんの頭についていたダニ。

セロハンテープにはさんで、写真を撮った。 セロハンテープは簡易プレパラートとして使えて便利である。 そのまま捨ててしまえるし。

2013年2月13日、こんの頭についていたダニの背側

上の写真は背側、下の写真は腹側である。

2013年2月13日、こんの頭についていたダニの腹側

体長 3mm ほどの、たぶんマダニである。 こんは散歩中、あちこちの茂みに頭を突っ込むので、たまにダニをつけて帰ってくる。 しかし、毎月キチンと「ノミ・マダニ対策薬」を投与しているので、しばらくすると這い出してくる。

今回みたいに見つけて処分できれば良いが、逃れているやつもいると、ちょっと怖い。 ヒトを死に至らしめるウィルスを媒介するからだ。 薬にやられて死んでくれていると良いのだが。

山で服についたダニ

1978年3月、千葉県内浦山県民の森にて。

1978年3月、千葉県内浦山県民の森で見つけたダニ

ニホンジカの調査のため、山を歩いているうちに服についていたダニである。 ニホンジカなど、大型の哺乳類が棲んでいる山には、ほぼ必ずダニがいて、ササをかき分けて歩いたりすると、たかられる。

山から帰ってきて、着替えていると床を這っているダニを見つけたこともある。

あるときなど、山から帰った翌日の朝、耳の後ろに違和感があったので触ってみたら 1cm 近い大きさに膨れたダニが、枕にポタリと落ちてビックリした。 ワシの血を吸っていたのである。

参考

科学的逍遙日誌


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-02-16 (土) 22:52:16 (2406d)