ケサランパサラン

2008年1月4日、庭でケサランパサランを見つけた。 さしわたし3cmほどのツヤツヤの綿毛である。

20080104ケサランパサラン

白粉を食べて増える謎の生物……と言われているが、上の写真の正体はテイカカズラの種子である。 ほかにもケサランパサランと呼ばれているモノはいろいろあるようだ。

ケサランパサランに限らないが、「不思議なモノ」の正体を知りたくない、ロマンがなくなる、という人がいる。 まぁ、そう思いたい人は、思っていればよかろう。 個人の自由である*1

もっとも、あんまりうるさく「ロマンがない」と言って欲しくはない。 正体が植物の種子だと判ることが、「ロマンがない」ことだろうか?

ワシは、「不思議なものを不思議なままにしておく」ことのほうが、「不思議の謎を解明しようとする」ことよりも「ロマンがない」ように思う。 だって、植物の種子にあんな綿毛ができるなんて、そして風に舞って生活範囲を広げていくなんて、ものすごく不思議じゃぁないか。


*1 悪いやつに騙されないように注意したほうがいいよ、と言いたくなることがあるけどね。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-01-06 (日) 18:10:36 (4275d)