クモの子を散らす

2012年6月2日

朝、洗濯物を干すために物干し竿を雑巾で拭こうとしていたカミさんが、「物干し竿が大変なことになっている」という。

こんな具合に大変なことになっていた。

物干し竿のクモの巣に子グモがいっぱい

拡大

卵から孵ったばかりの子グモがクモの巣の中にわんさか。

もっと拡大したものを見たい方は、次のリンクからどうぞ。

さらに拡大

ちなみに、何という種類のクモなのかは、まだ同定していない。

カメラ(OLYMPUS TG-810)を動画撮影モードにして、「クモの子を散らす」様子を撮った。 面白いので YouTube? にでもアップロードしようかと思ったが、カミさんに却下された。 カミさんが「うわーっ」と叫ぶ声が入っているからである。

ここにも動画ではなく、指でつついてクモの子を散らせたときの一コマだけ載せておく。

動画から一コマ

クモの子が散るのは、こうやって外敵(?)に襲われたときだけではない。 ほうっておいても、ワーッと散っていく。 いつまでもまとまっていると、共食いしたり親に食べられたりするからだと聞いたことがある(本当かどうかは未確認)。

いずれにせよ、ワーッと散っていった子グモは、自ら繰り出した糸をパラセールのようにして、風に乗って広範囲に広がっていく。

夜になれば、こんと一緒に散歩中のワシが、そうした子グモの糸に引っかかるのである。


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-06-02 (土) 22:37:50 (2571d)