ウイルス

生命なき病原体

単純なウイルスの構造を、模式的に表してみる。

ウイルスの構造模式図

ウイルスの設計図である遺伝物質(核酸:RNAまたはDNA)を、タンパク質の殻(から)がおおっているだけ。

これだけ。細胞構造はない。 物質やエネルギーを取り込むこともなく、くねったり伸び縮みすることもない。 生きている細胞に侵入しないと、増殖することもできない。

ウイルスは、生命なき病原体なのである。

したがって、細菌感染の治療に有効な抗生物質も、細胞壁や呼吸酵素を持たないウイルスに対しては効果がない。

ウイルスが増殖するときには、侵入した細胞のもつ核酸合成システム、蛋白質合成システムを乗っ取り、細胞の蓄えていた素材とエネルギーを使う。 細胞を、ウイルス生産工場に変えてしまうのである。

ウイルスと進化

核の起源は、原核生物の細胞に侵入したウイルスかも知れない。 ……という仮説がある。

多細胞生物の起源とウイルス

コンピュータウイルス

生物の細胞に感染するウイルスと同様、自力では増殖できず、プログラムに寄生してプログラムの実行時に増殖する「悪意をもって作られたプログラム*1」がコンピュータウイルス である。

最近では、プログラムに寄生して増殖するウイルスは少なく、自力で増殖する「悪意をもって作られたプログラム」のほうが多い。 一般にはウイルスと混同されているが、このように自力で増殖するものは、ワーム(虫)と呼ばれる。 ワームは独立したプログラムなので、メールの添付ファイル(この添付ファイルそのものがワーム)をクリックして実行するなどの操作により、コンピュータに感染して増殖する。

ちなみに、パソコン黎明期の1980年代、コンピュータウイルスの主要感染媒体がフロッピーディスクだったころには、パソコンを通じてユーザ(人間)が病気にかかる、と思っていた人もいたようである。

参考

元祖【科学的逍遙

科学的逍遙日誌


*1 ウイルス、ワーム、スパイウェアなどをまとめて「マルウェア」と呼ぶ。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-05-17 (日) 15:34:40 (3683d)