きのこ

「きのこ」と書くべきか、「キノコ」と書くべきか?  「きのこ」は生物学的な呼び名ではないので、とりあえずここでは平仮名にしておこう。

こいつはいったい何だろう?

2006年8月1日、庭の隅のカキノキの切り株に、白い丸いきのこが生えているのを見つけた。 その翌日、このきのこはこんな風になっていた。

20060802庭の妙なきのこ

何じゃあこりゃあ、白い「つぼ」から傘が出てくるのかと思ったら、切れ目が入って反転して、エイリアンの卵か洋式便器のような形になっちゃったよ。 ……とビックリしたけどそのまま放置しておいた。

それから2ヵ月半が過ぎ、10月15日にはこんな具合になった。

20061015庭の妙なきのこその後

何とも妙である。 手元の図鑑*1には、似たものがない。 もちろん、素人が携帯するような図鑑に収録されているきのこの数はたかが知れているし、未発見・未記載のきのこだってまだまだあるはずだ。 だからといって、新種発見、というわけでもあるまい。

……カキの切り株から生えていること、触ると大変堅いことから考えて、サルノコシカケの仲間ではないかと思っている。 ちなみに、写真のきのこの傘の上に載っている黒いツブは、こんがまたいで通ったときに蹴り上げた土である。

きのこは植物ではない

ワシが学生のころまでは、きのこは植物だと教わった。 現在、きのことカビ、つまり菌類は動物や植物とは独立したグループに分類されている。

それでは、生物は動物・植物・菌類の三つに分類されるのか、というと、そうではない。 五つに分類されている。 のこりの二つはいずれも単細胞の生物で、はっきりした細胞核を持つ「原生生物(プロチスタ)」と、はっきりとした核を持たない「原核生物(モネラ)」である。

生物のもっとも大きな分類の単位を「界(kingdom)」というので、正しく書くと次のようになる。

なぜ菌類が植物の仲間に入らないかというと、植物のように光合成をして自力で栄養分を作り出せないからだ。 他の生物に取り付いて栄養分をいただく、という生き方は、動物と同じなのである*2

ちなみに、マンガ『もやしもん』の主人公、沢木は菌を肉眼で見ることができるという特殊能力の持ち主だが、その「菌」は生物学的な分類における菌界の生物だけではない。 カビの胞子も(種類を区別して)見えるし、細菌(モネラ)やウイルスも見える。 だから正確には、「菌が見える」というより、「微生物が見える」と言うべきかも知れない。

ワシだって、きのこなら見えるから、「菌が見える」ことになるもんね。

参考

インターネット上のきのこ図鑑

科学的逍遙日誌


*1 今関六也『野外ハンドブック3きのこ』(山と渓谷社)
*2 ということなので、動物や菌類を「従属栄養生物」という。光合成をする植物は「独立栄養生物」である。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-10-15 (日) 18:43:58 (4631d)