遠近両用メガネ

2007年8月12日、ついに遠近両用メガネを作った。 仕事をするときや家の中では近距離用メガネ(矯正視力0.7以下)、車を運転するときやアウトドアでは遠距離用メガネ(矯正視力1.0)というように使い分けていたのだが、これが面倒になったからだ。

メガネをかけ変える手間もあるし、だいたいメガネを持ち歩くのも面倒である。 うっかり近距離用メガネをかけたまま車を発進させてしまうと、次の信号で止まるまでヒヤヒヤものである(いきなり路肩に止めるのも危険を伴うので)。

会社の会議などでスクリーンを使ったプレゼンテーションがあると、もう大変である。 遠距離用メガネを忘れるとスクリーンが見えない。 忘れずに持って行った遠距離用メガネをかけると、今度は手元の資料が見えない。

長時間作業するPCのディスプレイが微妙に見づらくなってきたこともあり、遠近両用メガネを作ることを決意したのだった。

遠近両用メガネレンズ(境目のないレンズ)

遠近両用メガネには、遠距離用、近距離用のそれぞれの焦点がある

遠近両用メガネには、遠距離用、近距離用のそれぞれの焦点がある。 その間は中間距離用の領域だ。 遠近両用メガネレンズを「累進レンズ」というが、焦点距離が累進的に変わるからだ。

鼻に近い部分と、目尻の下のほうはピンボケになる

しかし、鼻に近い部分と、目尻の下のほうはピンボケになる。 どこにもピントがよく合っていないように見える。

いっそ見づらい部分のレンズはなくしたほうが軽くなって良いのでは?

そこでいっそ、見づらい部分のレンズはなくしたほうが良いのではないか、と考えた。 レンズも軽くなるし。

でも、こんな形じゃヘンだよね

でも、こんな形じゃヘンだよね。

遠近両用メガネの弱点

……というわけで、遠近両用メガネをかけてPCに向かっていて気が付いた。 キーボードの横に置いた資料に目をやると、よく見えない(字が読めない)のだ。

上のマンガに書いたように、横目で見る部分はピントが合わないのだ。

そこで、必ず正面を向いて、ピントの合う部分を探して見ることとなる。 キーボードの横に置いた資料を見るときには、横目でなく、頭を左・下に動かして見るわけだ。

最初は大変だったが、だんだん慣れてきた。 横目で見ずに正面を向く、頭や目を微妙に動かしてピントが合うところを探す、という動作が自然にできるようになってきたのだ。

それで、眼鏡屋さんが「遠近両用にするなら、年取ってからではなくて、少しでも若いときのほうが良いですよ」と言っていたわけがわかった。 多少なりとも順応力の大きいうちに、慣れたほうが良いからだ。

遠近両用メガネの利点

あえて書くまでもないが、ワシの場合……。

参考


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-01-26 (土) 22:30:40 (4222d)