未来世紀ブラジル

原題
Brazil
監督
テリー・ギリアム
主演
ジョナサン・プライス、ロバート・デ・ニーロ

舞台は近未来のブラジル……ではなくて近未来のイギリス?

1985年公開のイギリス映画。 タイトルの「ブラジル」は、舞台がブラジルだから……ではない。 BGMやエンディングに使われているテーマ曲「Aquarela do Brasil(ブラジルの水彩画)」に由来するようだ。 つまり、「かつて訪れ、いまも憧れる緑の大地」と歌われるブラジルとは対極の近未来社会を描いたものだ。

空調ダクトのTVCMから始まるこの作品は、いかにもイギリスらしいシニカルでブラックなユーモアに満ちている。 どうも最近見た『銀河ヒッチハイク・ガイド』のユーモアに似ているなぁ、と思ったら、テリー・ギリアム監督もモンティ・パイソンのメンバーなのだった。

高級レストランの同じような見た目の食事(添えられた写真を見ないと何だかわからない)*1や、「きれいな街」を散歩する犬の尻の大きな絆創膏(バッテンである)、役所の隣同士のオフィス(というより小部屋)でのデスクの引っ張り合い、などなど、笑える小ネタ満載である。

しかし、こうした不条理な小さな笑いも、より大きな不条理の一部である。 その大きな不条理がなんとも不気味で、主人公の青年サム*2は、そこから逃げ出そうと苦闘する。 最初は夢の中で。 そして、夢の中で出会った女性と、現実世界から。

テロと同居する日常

公開年から判るとおり、オーウェルの『1984』を意識して作られたことは間違いない。

情報統制、小役人的な官僚主義(中央集権的大企業のエンジニアも官僚主義的だ)、スラム化した市民生活、退廃的な中流階級……。

しかし、『1984』の独裁者ビッグブラザーの代わりに、「情報剥奪省」などの官僚が支配している。 また、家や街にあふれるのはビッグブラザーの画像/カメラではなく、空調ダクトである。 ダクトの這い回る住居のデザインや、タイプライターにテレビを付けたようなコンピュータ端末*3のデザインが、印象深い。

『未来世紀ブラジル』の世界の日常生活は、テロと同居している。 レストランで、ショッピングセンターで、爆弾テロに遭遇する。 テロに遭遇した人々も、(被害に遭った人は別として)大騒ぎするでもない。

……妙に予見的である。


*1 筒井康隆の「カメロイド文部省」に似たようなエピソードがあったね。
*2 主演のジョナサン・プライスは、最近では『パイレーツ・オブ・カリビアン』のスワン提督を演じていた。
*3 上司の目を盗んで端末で映画を観る……って、ワシらが今やっていることだねぇ。いや、勤務時間中はやってないよ、もちろん。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-10-02 (火) 22:05:51 (4338d)