父親たちの星条旗

原題
Flags of Our Fathers
監督
クリント・イーストウッド
主演
ライアン・フィリップ、ジェシー・ブラッドフォード、アダム・ビーチ

アメリカ兵の視点から描かれた硫黄島の戦いと、その後

日本兵の視点から硫黄島の攻防戦を描いた硫黄島からの手紙との二部作。

日本軍の防御拠点であった擂鉢山(すりばちやま)を制圧し、その頂上に星条旗を掲げた6人の「英雄」。 その生き残りの3人の青年*1の視点と、時間軸が交錯し、最初のうちは少々混乱した。 現在の時点での回想、その回想の中でのフラッシュバック……。

だが、見ているうちに時間軸が整理されてくる。 たくさんの人から聞いたこと、本で読んだことなどが整理されて一貫した歴史(事実経過)が見えてくるように。

死んだ兵士達こそ、英雄なのだ

擂鉢山に星条旗を立て、英雄とたたえられた青年たち。 彼らを有名にした写真は、じつは「2番目の旗」を立てたときのものだったのだ。

なぜ「2番目」か?  いやはや、その理由が馬鹿馬鹿しい。 日本軍が擂鉢山を奪還し、それをさらに制圧したときのものかと思っていた(『十七歳の硫黄島』参照)。 そうではないのだ。 海軍のお偉いさんが「最初の旗」を欲しがったから……史実だろうか?  まぁ、組織というやつにはよくあることだ。

「2番目の旗」を立てた6人のうちの生き残りの3人は召還され、戦争遂行のための国債キャンペーンで国内各地を回ることになる。 正義のための戦いだ、自由のための戦いだ、といっても、結局は金集めが必要になるのだねぇ。

その金集めのための人寄せパンダとなった彼らが口にするのが「我々は英雄ではない。死んだ兵士達こそ英雄だ」という言葉である。 宮崎駿のアニメ映画『紅の豚』のポルコ・ロッソの「いい人ってのは、死んだやつのことだ」と似てますね。 生き残った者は、死んだ者の分も生きるという重荷を背負わされるのだろうか。

戦場のリアリティ

日曜日の夕方、自宅の居間という安全快適な環境にいて、戦場を(文字通り)這いずり回る兵士達の映画を観るというのも、考えてみれば妙なものである。 実際にああいう戦場で死んでいった、あるいは生き延びた兵士達がいたのである。 いや、現在も「いる」のだよね。

最近の映画では、弾丸が至近距離を掠める音が、戦場のリアリティを増しているように思う。 大きな運動エネルギーを持った物体が空気を切り裂いて飛んで行くときに発する音。 その運動エネルギーをもって、肉体を貫き、切り裂くのだ。 ……かなわんなぁ。 なんで、か弱い人体をもって、運動エネルギー兵器に対峙せねばならんのかなぁ。

……というわけで、当然、結構生々しいシーンも多い。 怖がりのムスメどもは見られないかもねぇ。

海岸にちぎれて落ちている腕、あらゆるところに穴を開けられた体、生首付きのヘルメット、懐中電灯の明かりに浮かび上がる手榴弾による自殺死体*2……。

戦争をカッコイイものだと思っている馬鹿者や、死を美化したがる偉そうな奴らには鑑賞を義務付けたい映画ですな。


*1 衛生兵と伝令とネイティブ。ちなみに『コンバット』などでお馴染みの「衛生兵!」と呼ぶとき英語で「Corpsman!」と言うことを、このDVDで知った。英語の字幕を見ながら英語で聞けるのが、DVDの良いところだね。
*2 地下壕の中で自決した日本兵である。『硫黄島からの手紙』参照。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-05-14 (月) 23:39:53 (4478d)