地球が静止する日(2008)

原題
THE DAY THE EARTH STOD STILL
監督
スコット・デリクソン
主演
キアヌ・リーブス、ジェニファー・コネリー

1951年の『地球の静止する日』のリメイク。

そうそうたるキャストの割には、盛り上がりに欠けるように思ったが、テレビで見たからだろうか?

異星人クラトゥの「地球を救いにきた。君たちではない」という台詞も、SFではお馴染みだ。 人類は救われるべきものではなく、地球にとっての害悪である、害虫である、という見方だね。

異星人の意図が善意なのか悪意なのかわからないという設定はおもしろい。 はじめから善意と決めてかかるのも無防備すぎて変だし、悪意と決めてかかるのも、何となくしっくりこない。 抵抗しても無駄、圧倒的な技術力の差があるのだから、抵抗せず受け入れても同じこと、というところはよくわかる。

抵抗できないほど巨大な力、というと、どうしても3.11の津波が思い出される。 一人の人間としては逃げる以外にないほどの巨大な力、理不尽に奪われる近親者の命。

……なんてことを考えていると、ヒロインの継子がクラトゥに死んだ父親を生き返らせてくれと頼むシーンでは目頭が熱くなる。 実際のところ、感動的なのはこのシーンだけだった。

さて、巨大なロボットが人型なのは、人類に似た形にすることで、より恐怖感を与えようという意図だろう。 その点からすると、完全に善意の異星人というわけではないことが明らかだ。 人類を害虫だと思っているのだから、当然だが。

その巨大ロボットは、じつは小さな昆虫型ロボットの集合体だったらしい。 あらゆる物質をむさぼり、自己増殖する様は、暴走したナノマシンのようだ。 かろうじて目に見えるサイズだから、ナノマシンというよりマイクロマシン、ないしミリマシンだけどね。

暴走したナノマシンを止める方法としては、停止コードを導入し実行するか、強力なX線などの放射線で分子レベルの機構を破壊するしかないのでは。 つまり、耐熱ガラスが耐えられる程度の高温で焼却しようとしてもムリだよなぁ。

ひとつだけ、よくわからないのはラストシーンで、クラトゥ等が地球を去るとき、電気や内燃機関が使えなくなったようだが、それはそのままの状態で放っておかれるのだろうか。 電源喪失のままだと、世界中の原子力発電所の原子炉がメルトダウンして、それこそ地球の大気圏が放射性物質で汚染され、生態系に甚大な損害を与えてしまうから、本末転倒だよね……。


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-05-31 (火) 23:04:35 (2942d)