第9地区

原題
District 9
監督
ニール・ブロムカンプ
主演
シャールト・コプリー、デヴィッド・ジェームズ

食事時に家族で観る映画ではない。

まぁ、何と言ってもリアルに汚いのである。

主な舞台がスラムというか難民キャンプだし、その難民が「エビ」のような姿の異星人だし。 その難民キャンプの野外セットは、撤去寸前のスラムの廃材だけを使って作ったそうだ。

終盤は人体の損壊や粉砕が相次ぐので、まぁ、血の苦手な人は見ていられまい。

スプラッタ・ホラーではない。

SFである。

SFであるからして、ワシは大いに楽しめた。

カミさんにはウケが悪かったが、ムスメ(高3)は面白く観たようである。 とくに、異星人側の主人公であるクリストファーとその息子が良いそうだ。 人類側の主人公には感情移入できないと言っていた。

確かにそうだ。

主人公(であるはずの)ヴィカスは弱腰だし、利己的だし。

この主人公の造形は別の映画でも見たようだなぁ、と考えて思い出したのは、『未来世紀ブラジル』の主人公サム・ラウリーである。 サムも小役人だったね。

さて、以下ネタバレになるので、まだ観ていない人、結末を楽しみにしておきたい人は読まないように。

映画史上初の異星人難民

巨大な宇宙船が現れるが、その場所が南アフリカのヨハネスブルグ。

侵略するわけでも銀河連盟への勧誘でもなく、乗っていた異星人たちは難民状態。 いったい全体、どうして地球にやってきたのか、その理由は最後までわからない。

たぶん、(クリストファーの台詞の断片から考えるに)恒星間航行を可能にするための「液体」が尽きてしまったか、乗員階級(指導者・技術者階級)が疫病などで全滅したのか。 いや、クリストファーはどう見ても、乗員階級だよね。 すると、やっぱり「液体」不足か……。

その「液体」にしろ、兵器の作動にしろ、異星人のDNAが「鍵」になっているらしい。 異星人の兵器は、地球人が引き金を引いてもウンともスンとも言わない。 「異星人のDNAを持つ手」が必要なのだ。 指令船を動かし、母船に星間航行させるための「液体」。 クリストファーが20年かけて製造した、その液体を浴びて、異星人のDNAを持つことになったヴィカスのように……。

ひとつ疑問なのは、ヴィカスが異星人に変容してしまうことから考えて、地球人と異星人のDNAはとても「似ている」はずだ、ということである。 異星人はネコ缶が大好物であり、卵にウシの死体から栄養供給していたことなどから考えて、アミノ酸にも互換性がありそうだ。

つまり、外見こそ大きく異なるものの、異星人と地球人とでDNAもタンパク質も、非常に似通っているはずだ。 それなのに、地球人では兵器が作動しないのは、非常に微妙なDNAの差が「鍵」になっているからだろうか。

もう一つ、それだけの兵器と科学力を持ちながら、なぜ異星人は地球で難民状態になってしまったのか、ということも気になる。 地球人を武力制圧することだってできたのではないか?  これについては(ドキュメンタリー風の構成なので)評論家風の人物が述べていた、「彼らはハタラキバチと同じであり、リーダーがいないので統制がとれていない」という理屈で説明がつくだろうか。 何か別の理由がありそうに思うが、それは続編で語られるのだろうか。

人間の「性」(さが)について考えさせられる

それにしても観ていて憂鬱になるのは、立場の弱いものに対して人間のとる、いやらしい態度である。 相手が知的・倫理的に劣っているという前提で相対し、抵抗すれば殺す。 そのくせ、バイリンガルなのは劣っているはずの側なのだ。

この図式は、人類の歴史で何度も「見た」光景である。 だからこそ、この映画の舞台として南アフリカが選ばれたのだろう。

最終的に、人間とはかけ離れた外見の異星人(もちろん意図的にそうデザインされているのだが)のほうに、人間よりも感情移入してしまうのであった。


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-09-15 (水) 23:16:41 (3258d)