笑の大学

監督
星護
主演
役所広司、稲垣吾郎
原作・脚本
三谷幸喜

大戦前夜の作家と検閲官との戦い?

昭和15年のある7日間、役所広司演じる検閲官の難癖に応えて稲垣吾郎演じる劇団「笑の大学」座付作家が台本を修正していく、という話。

クエスチョンマークを付けたのは、難癖に対して修正しているはずが、どんどん面白い台本になってしまい、結局、戦いではなく共同作業になってしまうからだ。

いやぁ、笑わせてもらった。 「これまで腹の底から笑ったことがない」という検閲官が思わず笑いを漏らすところなど、感動的である。

その一方、作家の「戦い」にも考えされられた。 そりゃあもちろん、笑いを失ったら、世の中終わりである。

「お国のために」よりも、「お○○のために」*1死んだほうが良いよねぇ。

(2007年5月22日DVD視聴)


*1 あえて伏字にした。ここに書いちゃうと笑いが一つ減っちゃうからね。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-05-23 (水) 21:22:23 (4504d)