銀河ヒッチハイク・ガイド

原作
ダグラス・アダムス
監督
ガース・ジェニングス
主演
サム・ロックウェル、モス・デフ、ズーイー・デシャネル、マーティン・フリーマン

英国流ジョーク満載のコメディーSF

バイパス建設ため自宅を取り壊される羽目に陥った冴えない青年アーサー・デントは、友人フォードに「外へ」連れ出される。 フォードはベテルギウス付近出身の異星人で、銀河バイパス建設のため破壊される地球から、アーサーを救い出したのだった。 アーサーとフォードは、地球を破壊したヴォゴン人の建設艦隊にヒッチハイクする。 アーサーは『銀河ヒッチハイク・ガイド』のライターの一人でもあった。 何しろ銀河は無害(!)な地球とは違い、危険で満ちているので、ガイドブックが必要なのだね。

さて、その後の冒険がハチャハチャで、なんともブラックなジョークの連続である。 さすが英国流。 コメディーSFの雰囲気としてはTVシリーズ『宇宙船レッド・ドワーフ』と似たところがある。

地球を創ったのは誰か、とか、宇宙と生命の秘密にまつわる数「42」、とか、おいおい、そういうオチかよ、というような「謎解き」については、ここに書いちゃうとつまらないので書かない。

シニカルで理屈っぽいところは、ある意味で科学的である。 ま、何事も信じずに疑問を持てっていうこと。 決してファンタジーではない。

そのため、以下の人たちには、この映画はおすすめしない。

気に入ったところなど(ネタばれ注意)

しかし何だね、ストーリーとはまったく関係ないけど、地球って豊かな惑星だね。 比較する相手(惑星)がないので、地球が優れているとかそういうことじゃなく、とにかく生命にあふれている。 地球の生命活動を「再起動」するときのシーンは好きだなぁ。

英語字幕で観てみた

英語の字幕を表示しながら英語の音声を聞いていると、日本語の字幕では気付かなかったことに気付く。

音声解説を聞いてみた

DVDの利点は、英語の字幕を見ながら英語の音声を聞く、といった語学学習的な使い方だけではない。 制作者や役者の音声解説を聞きながら見ると、制作者の思い入れや舞台裏が判って面白い。

なるほど、このシーンにはこういう意味が隠されていたのか、とか、なんで違和感を感じたのだろうと思ったら、じつは別のところで使う予定のシーンをはめ込んだから、とか……。

『銀河ヒッチハイク・ガイド』の場合、そもそも原作がラジオドラマのノベライズであり、1980年代にはTVドラマとして放映されたという「歴史」がある。 それだけに、映画の製作にあたっては、原作の持ち味を大切にしながらも映画ならではのテイストに仕上げるために、いろいろと苦労があったようだ。

解説がないと絶対に判らないところがいくつかあり、面白かったのでちょいとメモっておこう。

銀河ヒッチハイク・ガイド』シリーズ


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-05-13 (火) 21:44:03 (4052d)