崖の上のポニョ

監督
宮崎駿

手描きアニメの力

アンデルセンの人魚姫を下敷きに、「金魚姫」ポニョの無邪気な愛を描いた作品。

……というか、無邪気ってのは怖いね。 あー、もうこんなにしちゃって、というフジモト(ポニョの父、元人間)の嘆きもわかるような気がするのだ(ワシがオヤジだからかも知れないが)。

まぁ、ストーリーは単純だが、説明がないので解りにくいところもある。 そのへんは視聴者の想像にお任せ、というところなのだろう。 説明過剰な、あるいは世界観を作り込み過ぎる最近のアニメ作品に対するアンチテーゼなのかも知れない。

世界観とか背景とか、そういった作品の「外」に力を入れるより、作品自体を楽しめるものにしたほうが良い、という考えて作られたのだとしたら、納得が行く。 そして、作品に力をもたらしているのが、手描きの背景や動画だと思う。

コンピュータグラフィックスを用いて緻密に描かれた背景も面白いが、勢いを殺しかねない。 試しに「ポニョ」の嵐のシーンあたりで一時停止してみると、驚くほど単純な描画であることに気付く。 室内の静物ですら、一つとして直線で描かれていない。

そのためか、「いま見ている風景」や「記録された映像」ではなく、「思い出した記憶の中の情景」のような効果がある。 (老人問題や働く女性を扱っていることから)現在を舞台にしたファンタジーでありながら、昭和三十年代を舞台としたファンタジーである『となりのトトロ』と同じ雰囲気がただようのである。

やっぱりツッコミを入れるのだ

ファンタジーなのであるから、もちろん、ツッコミを入れるのは野暮である。 とは言いながら、ワシの性分であるから、ツッコミを幾つか。

(以下書きかけ)

海水と淡水

宗介は海で拾ったポニョを水道水を入れたバケツに入れていたが、それはイカン。 海水産の魚は、体液よりも浸透圧の高い(塩分の濃い)海水で生活するように適応している。 海水中の魚は、何もしないと醤油をかけた大根おろしのように、細胞中の水分が出て行ってしまう。 そこで、水分が出て行きにくくするような生理的なしくみを持っているのだ。

一方、川や湖などの淡水は体液よりも浸透圧が低いので、何もしないと体内に水分が入ってくる。 そこで、海水魚を淡水に入れると、体液が薄まり、水分過剰となって死んでしまう。

海水魚を飼うには、海水が必要なのだ。

さて、ポニョは魔法を使って人間になろうとして、まずは半魚人になる。 半魚人というより、どうみてもカエルのような両生類顔であるが。

そこで気付いたのだが、海産の両生類というのは見たことがない。 両生類は淡水産のみなのだろうか?

ひょっとして、魚類から両生類への進化が起こったとき、海水はまだ現在ほど塩分濃度が高くなかったのではないか。 その後、魚類は塩辛くなった海に留まった。 陸に上がった両生類からは、爬虫類や鳥類、哺乳類が進化し、その一部は再び海に還った。 しかし、両生類は海へ近付くことはなかったのではないか。

月の位相

ポニョのせいで強力な魔法が発動され、月が地球に落下しかけ、月が接近したことによって海水位が上がる……というような災難が起こったらしい。

月が接近しているため大きく見えているのだが、最初、ワシは月だと思わなかった。 月のウサギがいないから、というより、見慣れたティコ・クレーターと線条が見えなかったからだ。 なんだか大きなクレーターがあったので、小惑星か何かが接近しているのかと思った。

月が近付いたところで、どれくらい海水位が上がるものなのだろう?

じっくり考えてみないと解らないが、それほどの影響はないのではないか。

月が地球に接近しすぎてロシュの限界を超えると、月の地球側(ニアサイド)反対側(ファーサイド)にかかる遠心力の差(潮汐力)により、月は砕ける。 月のニアサイドとファーサイドが別々の軌道を描こうとするためだ。 月が砕ければ、地球は隕石の雨に襲われることとなる。 そりゃもう、大災害である。

それはさておき、夜に満月が見え、一夜明けた朝にも、満月が見えていた。 これは変だ。 満月は、太陽の反対側に見えるはずである。

満月は、日没後に東の空に昇り、日の出前に西に沈む。 太陽が昇ったときには、地平線(水平線)の下にあるはずなのだ。

もしも接近した月によって海水位が上がるものなら、翌朝その被害は東南アジアやインドへ及んでいるのではないだろうか。


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-07-13 (月) 00:01:30 (3688d)