猿の惑星―PLANET OF THE APES

監督
ティム・バートン
主演
マーク・ウォルバーグ、ティム・ロス

う〜ん、やっぱり、1968年の『猿の惑星』のほうが好きかなぁ。

確かに、特殊メイクは本当にそういう人、じゃない類人猿*1がいそうなくらいだ。 だが、いざ白兵戦となると四つん這いになってナックル・ウォークというかナックル・ランで走り、素手で戦う……ってことに違和感を感じた。 それなりに高度な文明を築いているのだから、弓とか槍とかを使いそうなものだが。

それはさておき、どうも単座の宇宙船(というかスペースポッド)で惑星間空間を渡ったり、惑星に着陸しちゃう、というのも落ち着かない。 それだけで、「SFらしさ」が半減しちゃうのだ*2

逆に、1968年版との対比して面白いなぁ、と思ったのは、類人猿の種の特徴の描き方だ。 かつて凶暴・粗暴に描かれていたゴリラは、今回は屈強な軍人でありながらも優しくて信心深かったりする。 これは近年のゴリラ研究の成果を反映したものだろう。 それに対して、かつては知的な科学者階級として描かれていたチンパンジーが、狡猾な将軍になったりしている。 これも近年、子殺しやサル狩りを行うチンパンジーの「人間的な」生活が明らかになったことの反映だろうか。

また、狩られた人間が実験材料にされたりせず、使役動物やペットとして飼われる、というのも時代の変化を反映したものだろう。

「野生の人間を保護しなければ」なんていう発言が文明化されたチンパンジーから出てくるのもまた面白い。

旧版でもっとも好きな台詞であった、

「神は自らの姿に似せて猿をお創りになった」

と同様の台詞が今回の作品にも残っていて良かった。

猿の惑星におけるミームであるところの神の姿は、やはり神を創ったものに似ている、ということだ。


*1 monkey ではなく ape だから、猿ではなく類人猿なのだ。
*2 ファンタジーになっちゃうのだね。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-07-09 (月) 22:49:48 (4422d)