宇宙戦争

原題
War of the Worlds
監督
スティーブン・スピルバーグ
主演
トム・クルーズ、ダコタ・ファニング

この映画を観る前に……

この映画を観る前に、ウェルズの原作『宇宙戦争』を読み、1953年の映画『宇宙戦争』を観ておくことをオススメする。

そうでないと、やたら暗くて怖いだけで、何がどうしてどうなったのか、よく解らないからだ。 原作を読み、半世紀前の映画を観ておけば、いろいろ突っ込めるというものである。

ダメオヤジ復権の物語?

トム・クルーズが自分勝手なダメオヤジを演じている。 奥さんは離婚して再婚し、臨月となっている。 子供たち(ティーンエイジャーの息子と幼い娘)にはまったく信頼されていない。

そのダメオヤジが、異星人の侵略と、そのパニックの中で子供たちを守り抜き、元妻の元に辿り着く。 ……という、言ってみればダメオヤジ復権の物語である。

ご存知の通り(原作の通り)、異星人は地球の微生物にやられて死滅してしまうのであって、ダメオヤジが大活躍するわけでもないし、息子は一度失踪(というか参戦?)してしまうので、子供「たち」を守り切れたわけでもない*1

そんなわけで、なんとなく見終わった後中途半端な感じがするのだ。

例によって「神の造った最小の被造物が地球を救った」的なナレーション*2で締めくくられるのだが、そこで意地悪く「じゃあ神は、ダメオヤジの復権のために多くの罪のない人々を殺したのか?」なんて茶々を入れたくなってしまう。

それはさておき、いちおう SF 映画なのだから、科学的ツッコミを入れておこう。

マシーン/トライポッド

戦闘マシーンは原作同様、三本脚(トライポッド)である。 1953年の映画では「空飛ぶ円盤」のような浮遊する機械だった。 当時は三本脚の機械を特撮*3で撮るのが難しかったからだろう。

巨大な三本脚の機械がビルをまたいで歩き回り、殺人光線を振りまいて人々を蒸発させ、高架橋を吹っ飛ばす。 そのあたりのイメージは、現代の映像技術の賜物で、じつに恐ろしい。

「いやぁ、こんなふうに侵略されたら、そりゃかなわんなぁ」と思いながら観ていて、ふと気になったのは三本脚歩行の方法である。 じつは、三本脚歩行というのは効率が悪いのである。

実際、三本脚歩行を行う動物は、ごくわずかだ。 三本脚歩行を行う、誰でも観察できる動物と言えば、カンガルーが挙げられる。 カンガルーがゆっくり歩くとき、後足2本としっぽを使う。 そのとき、後足2本が接地しているときにしっぽを足の近くに寄せ、しっぽが接地しているときに後足2本を前へ出す。 これを繰り返して移動する。

……という具合で、厳密には「三本脚歩行」ではない。 「二本脚+1歩行」とでも言ったほうが良いだろうか。 それに、カンガルーが高速で移動するときには、二本脚でジャンプしている。

三本脚のそれぞれ(一本ずつ)を交互に動かして移動する方法はないのだろうか。 よく考えると、三本のうちの一本を持ち上げると、残りの二本の接地点を結ぶ線上に重心を置かないとコケてしまう。 その状態で持ち上げた一本を動かせる範囲はけっこう狭い。 そこで、あまり速く移動できないのではないかと思う。

今度、レゴ(Mindstorm)でトライポッドを作って動かしてみようかなぁ。 ……と思ったが、どうも実際に動く模型を作るのは難しそうだ。 そこで、試行錯誤してアニメーションを作ってみた。

三本脚歩行のアニメーション

ここでは、一本の脚を上げて、二本脚になった状態でもバランスが取れるものとして、歩幅を大きく取ってみた。 やっぱり何となく、四本脚や六本脚に比べると、モタつくような気がする。 ついでだから、四本脚歩行のアニメーションも作ってみた。 同時に二本の脚を上げる、速歩のパターンである。

四本脚歩行のアニメーション

ちなみに、レゴで歩くロボットを作るとき、六本脚歩行がいちばん作りやすい。 常に三本の脚が接地しているので、安定が良いからである。

六本脚歩行のアニメーション

地下の兵器への乗り込み方

異様な嵐と落雷の後、地下からトライポッドが現れる。 アスファルトを割り、建物を崩しながら巨大なマシーンの本体がせり上がってくるシーンはなかなか迫力がある。

それを観ていて、ん?と思ったこと。

最後の疑問は、映画の中でテレビクルーがダメオヤジに教えていたので解消した。 落雷の電光に乗って(?)カプセルで降下して地下の兵器に乗り込んだのだそうだ。

んー? しかしなんか面倒くさい移乗方法だなぁ。 原作や1953年の映画のように、宇宙船で輸送されてくるという設定のほうが、メカっぽい侵略兵器の描き方としてはピッタリくるように思うなぁ。

それに、妙な嵐のような気象現象を起こせるなら、気象兵器で人類の文明を一掃しちゃったほうが早く片付くのではあるまいか。 まぁ、異星人が侵略した後何をしたかったのかよく解らないので何とも言えないが。 そうか、地球の環境がうらやましくて、人類に取って代わりたいというのなら、気象兵器や環境兵器で環境破壊しちゃうとマズイよね。

それなら、HIV みたいにヒトだけに致命的なウイルスを空気感染するように変異させてばら撒くとか*5、人口密集地は中性子爆弾で片付けて、あとは昆虫サイズロボットをばら撒いて片付けさせるとか。 ……SF的な人類の滅ぼし方はいろいろ考えられるのである。 SFじゃなくて現実に可能かも知れないので怖いのだが。

「戦争」の恐怖とは

1953年の映画が、一般市民というより軍関係の科学者を主人公に据えて描いていたのに対し、この映画は一般市民の立場で描かれている。 その意味では、原作に近い。

一般市民から見た「理不尽な殺戮」すなわち「テロ」を描いているという点では、とてもスピルバーグらしい映画と言えるかも知れない。

マシーンに追われて自宅に逃げ戻ったダメオヤジが真っ白に灰を被った様子は、9.11テロを思い起こさせる*6。 しかも、その灰は目の前で焼き尽くされた人体のなれの果てである。

アメリカ人にとっては在り得ざる出来事なのかも知れないが、圧倒的な武力によって目の前に居た人が焼き殺されることは、ワシの父親世代の日本人は経験済みである。 もちろん、太平洋戦争末期の空襲のことを言っているのだ。 それを言うなら、ドイツ人も中国人もベトナム人もイラク人も経験している。

異星人の襲来を待たなくても、正義の名の下に、あるいは聖戦の名を借りて、地球人が理不尽な殺戮を行なってきた(現在も行なっている)のである。

なんだかやっぱり今回も、本/宇宙戦争 に書いたのと同じようなことを考えてしまったのだった。


*1 そういえば、捕えられた娘を救うため、1台のトライポッドを手榴弾で破壊したなぁ。バリアで守られた機械でも、中からの攻撃に弱い、っていうのは SF では常識だからね。現実には隔壁などがあって、内部からの破壊に対しても最小限の損害で済むように設計すると思うのだが。
*2 これ、スピルバーグが1953年の映画へのオマージュとして、つまりワザと古臭い台詞として入れたものなのかなぁ?
*3 「特撮」って死語かな? SFX と言えば良いのかな? それも古い?
*4 ライト兄弟が人類初の動力飛行を行う前だからね。
*5 致死率の高いインフルエンザウイルスで充分かもね。……なんて2009年4月に書いた直後、新型インフルエンザのパンデミック(世界的大流行)が懸念されている。
*6 フェリー乗り場のシーンで、尋ね人の紙が壁一面に貼られていたりするのも、9.11後のニューヨークのようだ。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-05-02 (土) 17:58:21 (3698d)