宇宙戦争

監督
バイロン・ハスキン
主演
ジーン・バリー

1953年の作品

ウェルズのSF『宇宙戦争』を、舞台をイギリスからアメリカへ写し、マシンを三本脚から空飛ぶ円盤状に変えて描いた作品。 火星人も、タコのような姿ではなく、ヒューマノイド・タイプだ。

さすがに「特撮」の古さは隠しようがない。 火星人のマシンを釣っているピアノ線が見えるし、描き込まれた光線もショボい。

だがワシが生まれる前、スプートニク(人工衛星)の飛ぶ前の作品であることを考えると、かなり先進的な映像と言える部分もある。 例えば、マシンのデザインや動きは(ピアノ線を見ないようにすれば)なかなかのものである。

とくに火星人の末期は秀逸だ。 コントロールを失ってビルに突っ込むマシンの動きは見事だし、墜落したマシンのハッチから覗く火星人の腕も良い出来である。 吸盤の付いた3本の指を持つ細い腕の表面では血管(に相当するもの)が弱々しく脈打ち、やがてその脈も止まってしまう。 作り物だとわかっていても、ドキドキする。 宇宙人に誘拐された経験*1を持つ年配の人の脳裏には、この映画の火星人の記憶があったりするのではかろうか。

火星人?

侵略してきた異星人は、火星人である(作品中でも「Martian」と言っていた)。 子供の頃、テレビの映画劇場で見た吹き替え版では、「ヴェガ人」と言っていたように思うが、記憶違いだろうか? 

冒頭の「火星人の動機」の説明(テレビで見たときには省かれていた)の中の、太陽系の各惑星環境の解説が笑える。 木星や土星に着陸可能な地表があるかのような表現は、まぁ、地球人が大気圏外に出る前の映画なのだから仕方ないとして……。 太陽に最も近い惑星が「金星」ってのは、どう考えても間違いだよね。 「水星」っていう惑星があることは、占星術が科学だった頃から、周知の事実だったはずだし。

一つ真面目な科学的ツッコミをしておこう。

火星人のマシンから伸びてきた偵察用のカメラを主人公の物理学者が斧で叩き切る。 研究所に持ち帰り、機能を回復させて「カメラが捉えた映像」を映し出す。 ……ここまでは良いのだが、その映像を「火星人の視覚」と言い、地球人とは違うなぁ、と一同感心する。

……感心するなよ。 異なる進化の過程を経た生物の視覚が異なることは当然として、カメラの視覚をその制作者の視覚と同じと考えて良いのか?  ワシら地球人だって、異星の探査には、可視光線の領域だけでなく、赤外線や紫外線の領域まで捉えるカメラを使うよ。 場合によっては、電波や超音波、低周波など光線以外の「視覚」を用いることもある。 ……なんてことは、1953年に考えるのは無理か。 なんといっても、レーザー以前の時代の映画だからね。

まぁ、火星人のカメラの捉える光の波長が、火星人の目が捉える光の波長と同じだったとしておこう。 それでも、カメラの捉えた映像を「火星人の見る光景」とするには無理がある。 地球上の生物は、目で見ているわけではない。 脳で見ているのだ*2。 おそらく、地球外の生物も同様だろう。 「火星人の目(の網膜だかなんだか)に映る映像」がどんな様子だか解っても、「火星人の見る光景」は、火星人に聞いてみないと解らないのである。

原爆をなめるなよ!

火星人の侵略が世界各地におよび、通常の砲弾や爆弾ではマシンのバリアーが破れないことが判ると、軍は最後の手段として原爆(水爆?)を用いることにする。 ここで登場した爆撃機が、ノースロップYB-49全翼重爆撃機*3だったので、子供の頃には感激したものだ*4

ここでまた「しょうがねぇなあ」と苦笑してしまうのは、原爆を投下して「ダメだぁ」と判明したときの軍や科学者の姿。 防護グラスをかけていた目の周囲を除き、放射性降下物を浴びて真っ白になっていたのだ。 火星人にやられる前に、放射線障害で死んでしまうのではないか?

よく考えると、懸命に火星人と戦う軍人たちは悲しくも滑稽(こっけい)である。 遥かに優れた科学技術を持つことだけは確かな未知の「敵」に対して、まるで既知の敵(つまり人類)であるかのように、作戦を立て、攻撃する。

「排除せよ」とか「死守せよ」とか命じるだけの将軍の愚かさ。 部下や民間人を守ろうとして逃げ遅れて死ぬ現場指揮官の哀れさ。 何と戦っているのかも知らぬ間に灰にされてしまう兵隊の悲しさ。

やっぱり、かっこいい戦争なんてものは、ないよねぇ。

異星の病原体

原爆でもバリアーを破れず、火星人の侵略を止める「物理的な手段」がない、となったとき、科学者達は血液サンプルをもとに、「生物学的な手段」での対抗策を考えようとする。 だが、疎開するため研究所から持ち出したサンプルは、街で暴徒に襲われた際に失われてしまう。

災害といえば暴動が描かれるのは、文化圏によるものか、時代か……。

それはさておき、結局のところ、火星人の野望(?)は地球の細菌(バクテリア)によって阻止される。 火星人は地球の細菌に対して(当然のことながら)免疫がなかったのである。

異星の病原体(火星人から見れば地球は異星だ)に感染する、ということが、はたしてあり得るのだろうか?

細菌やウイルスが細胞内に侵入するには、鍵穴に相当する細胞表面のレセプター(受容体)に適した鍵……糖タンパク質などの高分子……が必要だ。 この鍵と鍵穴の関係は、進化の過程で形づくられる。 いかに細菌の世代交代が早いとはいえ、未知の生物間で、そうした関係が数日間でできるものだろうか?

……まぁ、火星と地球くらいの「近さ」なら、核酸やタンパク質のレベルで共通の生物的基盤があっても不思議ではないけどね。

神の立場

昔のアメリカ映画で気に入らないのは、幸運は何でも「神のおかげ」になってしまうことだ。 この作品のラストでも、「造物主の造った最小の被造物が地球を救った」ようなことを言っていた*5

主人公達が最期を覚悟したときに助かる、その場所も教会だったりするしね。 しかし、他にも教会があったけど、そっちに集まっていた人たちは助かったのだろうか?  一方が助かって、もう一方が助からなかったとすると、その差を生んだものは何か?  祈り方の強さか? 教会への寄付の額か? ……なんてことを言うと怒られそうだなぁ。

そういえば、中盤で牧師がマシンに近付いて行って、消滅させられてしまう。 あの牧師の立場はどうなるのだろう?  火星人も神の被造物であり、より知能が進んでいる分、神に近い生き物であり、善意を示せば友好的に付き合える、と信じていたのに。

やっぱり、火星人の侵略が頓挫したのは、生物の歴史でよくある偶然……小惑星が激突したり、全球凍結したり、という事件の一つと考えるほうが、座りがいいと思うなぁ。


*1 なぜ人はエイリアンに誘拐されたと思うのか』参照
*2 こんにはワシがどう見えているのだろう、と思うことがある。いろいろ想像してみることはできるが、どう見えるのかを知ることはできない。
*3 胴体や垂直尾翼・水平尾翼のない、主翼だけの航空機を「全翼機」という。大型機の重量を減らす目的で開発されたが、実用化されたのはステルス爆撃機B-2だけのようだ。
*4 ワシは戦争は嫌いだが、飛行機や戦車(の模型)は好きなのだ。
*5 その後ウエルズの『宇宙戦争』を読み直したら、同じようなことが書いてあった。だが、ウエルズは作品中で牧師補を罵倒していたりするので、造物主を信じていたわけではなく洒落で書いたのかもしれないが。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-09-04 (火) 23:19:41 (4311d)