ブレードランナー最終版

原題
BLADE RUNNER THE DIRECTOR'S CUT
監督
リドリー・スコット
主演
ハリソン・フォード

『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』

フィリップ・K・ディック原作のSF小説を映画化……というより、逃亡アンドロイドを狩る警官の話、という設定だけを使って、オリジナルの世界観を描いた作品、と言って良いかも。 ちなみに、原作の「アンドロイド」は映画では「レプリカント」と呼んでいるし、警官ではなくフリーの賞金稼ぎのような「ブレードランナー」となっているし。

レプリカントの作り方

人間そっくりのアンドロイド、じゃなくてレプリカントは、機械的なロボットではない。 ヒトの DNA を元に生合成されるようだ。

ヒトと差別化するために、限られた寿命を設定されているが、身体機能ははるかにヒトに勝る。 沸騰している水や、液体窒素(か何か、とにかく低温の液体)に手を突っ込んでも何ともない。

……ということは、タンパク質ベースじゃないのか??

そういえば、レプリカントの眼球だけを製造しているチューという老人が出てくる。 チュー老人が「ほっほっほー、よくできた」と言っているシーンを見ているとき、疑問点が二つ出てきた。

  1. 眼球だけを作ってしまって、それをどうやって脳や体のほかの部分とつなげるのか? ヒトの発生の過程では、目は脳の一部が突出して網膜となり、表皮に作用してレンズを形成するなどして作られる。 動物の体はそういうふうに「内部から」作られるのだが、レプリカントはロボットのように、部品を組み上げて作るのだろうか?
  2. ヒトを含め、セキツイ動物の眼球には、致命的な欠陥がある。 網膜の視細胞(光を感じる感覚細胞)は、光に背を向けている。 網膜の奥(外側)にある色素膜で反射した光を受けるように、光の来る方向とは逆向き(外向き)にセットされているのだ。 これは、セキツイ動物に至る進化の歴史の中で、最初に目が作られたとき、そのようにセットされたからだ。 視細胞が外側を向いているため、視神経は眼球の内側を通り、1点で網膜を通り抜けて脳に向かう。 視神経の束が網膜を通り抜けるところには、当然だが視細胞がない。 つまり、網膜には光を感じることができない部分がある。 これが盲点である。 ヒトは進化の結果生まれたので、こういう欠陥があるが、レプリカントを設計する際には、こうした欠陥は取り除くのだろうか?

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-03-01 (日) 21:28:12 (3822d)