ハルク

監督
アン・リー
主演
エリック・バナ、ジェニファー・コネリー

原作のコミックもTVシリーズも見ていないので、評価は保留。 以下、ツッコミ。

「怒り」によって変身、巨大化する。 ……巨大化はいいけれど、体重はどうなる?  体重が増えるとなると、質量保存則はどうなる。

高さ300メートルのゴールデンゲートブリッジから戦闘機に飛び乗る。 ……空気抵抗を無視して、え〜っと、だいたい7秒か8秒かかるね。 その間に、ジェット戦闘機は……マッハ0.5だとして、1.4キロ弱進んじゃうね。 つまり、8秒前、戦闘機が1.4キロ向こうにいるときに「あっ、このままじゃ橋にぶつかる」と判断して、飛び降りなくてはならないわけだ。 それに、いったん飛んじゃったら、途中で方向転換はできないから、戦闘機が回避行動したら、衝突できないね。

衝突といえば、戦闘機に飛び乗るのに、ハルクの水平方向の速度はゼロなんだよね。 まぁ、よほど粘着質の足の裏でもない限り、「乗る」ことはできず、そのまま戦闘機は飛んで行く(か、あるいは海面に墜落する)。 怪力で戦闘機の尾翼をつかんで堪えたとして……戦闘機の尾翼のほうが耐えられるだろうか?

そういや、ハルクは自分を殺しに来た軍人たちを、痛めつけながらも決して殺さない。 ……いや、戦車を1台投げ飛ばしちゃったね。 ありゃあ死んじゃうのでは。 それに、砲丸投げでもするように戦車をぶん回していたけど、それを可能にするには、戦車の数倍の体重が必要では。

……キリがないなぁ。 まぁ、それだけ見ていて楽しかったといえば、楽しかったのだが。


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-07-09 (月) 23:13:50 (4361d)