ネバー・クライ・ウルフ

原題
Never Cry Wolf
監督
キャロル・バラード
主演
チャールズ・マーティン・スミス、ブライアン・デネヒー、ゼイチャリー・イッティマンヤック

amazon で検索してみたが、DVDないのかな? とても残念。 20年以上前、ガラガラに空いていた有楽町の映画館で観て気に入って、VHSテープを買った。 それをDVD-Rに焼いて観ている*1

この映画より先に、原作であるファーレイ・モウワットの『オオカミよ、なげくな』を読んだ。 ユーモアあふれる筆致で描かれた、あのオオカミの姿をどのように映像化するのだろうか、というより、映像化できるのだろうかと疑問だったものだ。

しかし、その疑問はまったく無用のものだった。 もちろん、映画だから物語として脚色された部分も多いし、結末も異なる(原作のほうがさらに悲しい)。 だが、あの北の大地の映像!

何だか文章で表現するのがイヤになってきて、今書いた何行かを消した。 まぁ、観てもらうしかないだろうか。

主役の生物学者テイラーを演じたチャールズ・マーティン・スミスが、無力な文明人から頑健なフィールドワーカーへと変貌して行く様子を好演している。 野生動物を観察していると、よく感じることのある「観察しているつもりが、じつは観察されている」状況や、真剣に考えて取り組んでいる行動が(はた)からは狂気の沙汰(さた)に見える状況など、じつに笑える(笑えない、と言ったほうが正しいか?)。

……最近観ていないので、また観直してからまた書こう。


*1 テープって頻繁に使うと磨耗するし、時たま巻き直さないとくっついたり磁気が弱まったりするので厄介である。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-01-18 (金) 22:31:06 (4168d)