ナイト ミュージアム

監督
ショーン・レヴィ
主演
ベン・スティラー、ロビン・ウィリアムズ

ファミリー向けのコメディ映画

離婚し、息子には週に2日しか会えないような冴えない男が主人公。 ようやく自然史博物館に夜警として就職したが、その自然史博物館では、夜になると展示物が生命を得て動き出すのだった。

……というわけで、ティラノサウルス・レックスの骨格やら、剥製の動物やら、セオドア(テディ)・ルーズベルトの蝋人形やら、ジオラマのミニチュア人形やらが暴れまわる。 どこまでが実写でどこまでがCGか判らない映像の出来はなかなかで、そこそこ楽しめた。

多少は世界史を知らないと面白くないジョークもあった。 「学校の勉強なんて役に立たない」という子供がいるが(驚くべきことに、親にもそういうことを言う輩がいるらしい)、こういう娯楽作品ですら、楽しむためには理科や社会の知識が必要なのだよ。

ちなみに、中学生のムスメに「なぜコロンブス(の像)が英語を話さなかったのか?」と()いたところ、「スペイン人だから?」と答えた。 ブー。 正解は、イタリア人。 なぜスペインの援助を得てアメリカ大陸を発見したのか……については、自分で勉強してね。

科学的ツッコミ

この手の映画に科学的ツッコミを入れるのは野暮というものだろう。 ……とは思うものの、一つ二つ。

ネアンデルタール人が地下鉄に絵を描いていたのに、しゃべることができなかった。 このあたりは、ネアンデルタール人(ホモ・ネアンデルターレンシス)絶滅の原因が、喉の構造上新人(ホモ・サピエンス)ほど細かなニュアンスを伝える言語を扱うことができなかった、という説に基づいているのだろうか?  それにしちゃあ、火をつけるのに難渋していたのは変ではないか?  少なくともネイティブアメリカンと同様、楽に火起こしをしていたと思うがなぁ。

「展示物が生き返る」ような表現が使われていたように思うが、厳密に言うと「生き返る」のはティラノサウルスの骨格(ほんものの化石なら)と、エジプトのミイラくらいのはずだ。 蝋人形やジオラマのミニチュア人形やマネキンは、もともと生きていないのだから「生き返る」のではなく「生命が吹き込まれる」とでも言ったほうが正確だろうね。

歴史の復活

そこでふと思ったのだが、ミイラが昔のことを覚えているのは良いとしても、蝋人形が歴史を語るのは変ではないか? 

いや待てよ。 人格をシミュレーションできるくらいコンピュータ技術が発達したら、歴史的人物の人格を復元して、その人物のように語り、動くロボットくらい作れないだろうか。

なんかそういうSFあったなぁ。 なんだっけ……そうだジョン・キーツ「サイブリッド」がそれだね。 「サイブリット」は、ダン・シモンズの『ハイペリオン』シリーズに登場する人造人間である。 18世紀末から19世紀にかけて実在した詩人ジョン・キーツのクローンに、記憶や人格を復元した人工知能を組み込んだものだ。 『ハイペリオン』シリーズの第四部には、建築家フランク・ロイド・ライトのサイブリッドも登場する。

SFといえば、夜の博物館の廊下を兵馬俑やらクエーカー教徒やら南洋の戦士やらが何か語らいながら歩いているのを見て、既視感(デジャヴ)を覚えた。 何かのSF映画だよなぁ、とちょっと考えて思い出した。

さまざまな姿の人や人でないものがゾロゾロ歩いている情景といえば、惑星タトゥーインの空港やら、首都星コルサントの夜の街やら……『スターウォーズ』ではないか。


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-08-20 (月) 23:15:35 (4384d)