トランスフォーマー

原題
TRANSFORMERS
監督
マイケル・ベイ
主演
シャイア・ラブーフ、ミーガン・フォックス

SFXアクション青春コメディー?

異星の機械生命体が地球に潜入していて、善悪に分かれて闘う話。 潜入中はスポーツカーやトラックや戦車やジェット戦闘機に姿を変えていて、その形態から変形(トランスフォーム)するのでトランスフォーマーというわけだね。

設定だけ見ると SF のようだが、実際には巨大なロボットがカンフーのような体さばきを見せたりするアクション映画であり、主人公の青年の恋愛コメディーであり、巨大なロボット達が人家の物陰に隠れようと四苦八苦するあたりは純然たるコメディーである。

ツッコミ大歓迎なのかこの映画は!

実際に巨大なロボットが人間と一緒に居るかのようなCGが見事だったし、アクションは派手で面白かったのだが、腑に落ちない点がとってもたくさんあった。

コメディーに突っ込むのはどうかと思うが、まぁ、ツッコミを入れてみようか。

なお、ツッコミを入れることと、映画の評価とは関係ない。 (けな)しているわけではないのだ。 面白い映画にもツッコミを入れるし、本当にくだらなければ、はっきり貶す。 ……というわけで、楽しみながら「オイオイ」と突っ込んだことはというと……。

質量はどこへ行った?

フーバーダムの地下に保存されていた「キューブ」という謎の立方体(まんまですな)。 機械に生命をもたらす神秘的な存在らしい。

映画の冒頭で小惑星とドカンドカンとぶつかっていたから、高密度の物体なのだろうと想像した。 ダムの地下の施設の様子から見て、1辺10メートル以上ありそうだ。

そのキューブに機械生命体のバンブルビーが触れると、パタパタと折り畳まっていって、1辺20センチメートルくらいの立方体になってしまう。 さぞかし超高密度の縮退物質になったのかなと思いきや、人が持てるくらいの重さなのだ。

セクターセブンとかいう政府の秘密組織の人たちは、いちおう科学者なんだろうから、「すごい……」なんて呆けていないで、「質量保存の法則はどうなったのだ?」くらい叫んで欲しかった。

だって、そのちっこいキューブの1辺が20センチメートルとすると、体積は0.008立方メートル、高校生が持って走れるのだから重さ8キログラムとして、密度は 1000kg/m3 あるいは 1g/cm3 ……つまり水と同じくらいである。

これを1辺10メートルの巨大キューブに戻してみると、体積は 12万5000倍になる。 重さは8キログラムのままだから、0.008kg/m3 となる。

えーと、空気の密度が 1.28kg/m3 だからはるかに軽い。 地下の基地に置いておくためには、浮かないように縛り付けておかないといけない。 それどころか、水素の密度である 0.09kg/m3 よりも軽いのだから、放置すればスポンと宇宙空間に飛び出してしまうのではないか?

いや、それ以前に地上に落下することは不可能だなぁ。 地球に落下してきたキューブの探索・争奪戦という、そもそもの前提が崩れちゃうぞ。

もちろん、もっとSF的な解釈をすれば、キューブの実体は高次の次元にあって、三次元ではその一部しか見えていない、と考えても良いだろう。 まぁ「氷山の一角」みたいなものである。 その三次元で見えている部分の大きさが変わっただけで、実体は別の次元だからその重さも「見えている部分だけの重さ」しかない、と考えれば、小さくして持ち運びできるかも。 もちろん、三次元の住人であるヒトやオートボットが、どうやって高次の存在であるキューブを拡大縮小するのかは不明である。

敵は国家権力(の乗り物)

ヒト型になって闘っているとどっちが善玉(オートボット)でどっちが悪玉(ディセプティコン)だかわからない。 動きも激しいので目が回るし。

地球の乗り物に擬態というか変態というか変形しているときには、善玉と悪玉が区別しやすい。 悪玉はパトカーだったり軍用車両だったり戦闘機だったり武装ヘリだったりするのだ。

悪玉は国家権力を傘に着た、いや別に国家権力とは無関係だけど、武装した乗り物である。 威圧的で頑丈で武装している乗り物が好きなのかね?

対する善玉はスポーツカーその他の民間人っぽい車両である。 住宅地に居ても違和感がない。 庭に居ると違和感があるけど。

しかし、民間人なのにプラズマ砲などで武装していて、決して平和的ではないよねぇ。

一つ疑問に思ったのは、弾丸その他の射出体の補充はどうするのだろう、ということだ。 バンバン撃っているうちに、だんだん体重が軽くなるのだろうか?

地球の機械に化けた異星の機械

世代的にアニメのトランスフォーマーを見ていないため、映画で初めて車がロボットに変形する様子を見た。 なんで車がロボットに化けるのかと思ったら、ロボットのような異星の機械生命体が、地球の機械に偽装していたのだね。

それなら何となく納得できるのだが、地球の機械がキューブのパワー(パワーってのは何であれ胡散臭いよね)で生命を得てしまう、というところは納得しかねる。 生命にしろ何にしろ、機能は構造があってこそだから、しかるべき構造もないのにパワーを注入すれば機能を発揮するなんてのは、それこそ胡散臭い。

パワーじゃなくて、ナノマシンを注入して原子レベルで構造を組み換える、というならSFになるのだけどね。

宇宙との往還

映画の最後の方で、敵方の戦闘機型の生き残りが宇宙へと逃げていく。 地球の戦闘機と違い、スクラムジェットか何かで惑星の重力井戸から脱出できる航空宇宙機の機能を持っているのだろう。

地上走行型のオートボットたちは、どうやって地球から脱出するのだろうか?

そういえば、地球へやってくるとき、隕石のように落下してきたよね?  地球へ来る前は火星に潜伏していたようだが、どうやって火星の重力井戸から出たのだろう?  小さい惑星とはいえ、地球の半分くらいの重力があるのだよ?

いやいやいや、そもそも故郷の惑星から太陽系まで、どうやって来たのか?  恒星間の広大な空間を渡ってくるには、光速に近い速度で航行できる宇宙船が必要だと思うのだが。

もっとも、光速に近い速度がないと恒星間を渡れないというのは、寿命がわずか100年足らずの有機質生命体だから思うことなのかもしれない。 老いることのない機械生命体にとっては、恒星間を渡るのに要する膨大な時間も、スイッチを切っておけば無いも同然なのだろうか。

動力源は何なのだ

自動車に化けたオートボットのボンネットを開けるとエンジンが見える。 ……エンジンも偽装したのか?

というか、まさかガソリンで駆動するわけじゃないよね?

核融合エンジンとか反物質電池とか陽電子微小炉(ポジトロンマイクロパイル)とか、そういった先進的なエネルギー源を使っているはずだ。 しかし遮蔽が完璧ではないようで、ガイガーカウンターがガリガリいうほど放射線が漏れている。 オートボットを友達にするのは、ちょいと危険かも。

軍が市街戦を選択したのもそもそも迷惑な話だが、原子炉を積んだロボットを運動エネルギー兵器で破壊したら、街は放射性物質で汚染されちゃうんじゃないか?  まー、アメリカ人は放射線に鈍感だからねー。 いろんな映画の中で、放射線の影響を軽視しまくっているからねー。

……ここまで、2009年6月30日に書いた。

2011年3月11日の福島第一原子力発電所のメルトダウン以後、TVのニュース映像で放射線カウンタを毎日のように見るようになった。 7月に仕事で秋葉原に行ったら、電気街で放射線カウンタを売っていた。

いつの間にか、SF的な脅威にさらされるような状況が、日常になってしまったのだ。

オートボットを友達にするのは危険だ

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-07-26 (火) 23:06:35 (2977d)