スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐

監督
ジョージ・ルーカス
主演
ユアン・マクレガー、ナタリー・ポートマン、ヘイデン・クリステンセン

惑星近傍の宇宙戦闘ってのはものすごく難しいのでは?

エピソード3は、惑星コルサントの近傍(というか、大気圏のすぐ外あたり?)での宇宙戦闘シーンから始まる。

この戦闘シーン、ぼーっと見ている分にはスピーディーだし派手だし映像は美しいしガジェットは面白い。 ……という具合だが、物理学の初歩の知識を意識しながら見てみると、とたんにツッコミを入れたくなる。

惑星の近傍空間、いわゆる「重力井戸」の縁では、宇宙船やミサイルをあんな風に使うことはできないはずなのだ。

重力井戸と宇宙船

例えば、衛星放送の中継などに使っている静止衛星。 地上からだと、常に空の一点に止まっているように見えるので、「静止」衛星という(そうでないと、衛星放送のパラボラアンテナを一定の向きに固定できないからね)。 地上から見ると静止しているが、実際には地球の自転と同じ速さで地球の周りを回っている。 その速さで地球の自転と同じ方向に進み続けていると同時に、地球の重力に引かれて落ち続けている。 そのため、地球の周りを円軌道を描いて回っていられるわけだ。

この静止衛星が、進行方向前方にロケットを噴射して減速したら、どうなるだろう。 進行方向へ進む速さは地球の自転の速度よりも遅くなるが、地球の重力は変わらない。 したがって、衛星は次第に地上に向かって落ちてくることになる。

だから、惑星近傍で惑星の自転方向に進行中の宇宙船が高度(惑星からの距離)を変えずに「進行方向を変える」ときには、下方に噴射する必要がある。 スターウォーズの宇宙船は、見たところ船尾の噴射口から反動質量を噴射して推進しているようだから、船体を傾けないと、進行方向を変えることはできないはずだ。 旋回する宇宙戦艦は、警戒するアヒルのような姿になっちゃうだろう。

まぁ、これも未知の重力制御技術があれば解決できちゃう、というなら的外れの指摘になってしまう。 ただ、「未知の技術」について科学的に語ることは不可能だから、あえてこういうツッコミをするのである。

また、熱線追尾ミサイルのような兵器を宇宙空間で使うのも難しいだろう。 標的から逸れたミサイルが「戻ってくる」には、直ちにエンジンを停止し、姿勢制御ジェットで反転してからメインエンジンを噴射しなければならない。 そのとき、発射されてから標的に向かって飛んできたときの運動量を相殺する、つまりブレーキをかけるまでに時間がかかる。 それから再び標的を捕捉し、標的を目指して加速しなければならないから、標的とランデブーするには、時間と燃料(反動質量)を要することになる。 標的とのランデブーは「1回限り」と考えた方がよいのだ。

だからハードSFの宇宙戦闘では、ミサイルは使われない。 機雷やただの岩、水(氷)、あるいは糞尿*1などを、ただ単に敵の進路に置いておくだけだったりする。 双方の運動量に充分な差があれば、文字通りの「糞食らえ」攻撃ができるからだ*2

咳き込むサイボーグ

敵方の司令官、グリーバス将軍はサイボーグである。 だが、しじゅう咳き込んでいる。 咳き込むサイボーグというのもユニークで面白い*3。 咳き込むのは、残された生物学的な器官が不調だからだろう。 その器官を機械に置き換えてしまえば、不調から脱して咳から開放されるだろうに。

きっと、その器官に対する思い入れがあるので、機械にしたくないのだろうね。 結局、オビ-ワン・ケノービに生物学的な部分を焼かれて死んじゃうのだから、脳以外は全部機械に置き換える、完全サイボーグ化しておいたほうが良かったのにねぇ。

いや、脳だけになったとしても、「咳き込むことはワシの個性じゃ」とか言って、「咳き込みユニット」を付けておくとか……。

それはともかく、グリーバス将軍がオビ-ワン相手にライトセーバーを振り回すシーンにはびっくりした。 ライトセーバーを掴んだ手を、プロペラのようにぶん回すのである。 多細胞生物には、そのように回転する運動器官は存在しない*4。 腕や脚をプロペラのように回転させたら、神経や血管がねじ切れてしまうからだ。

……つまりライトセーバーを握った腕をプロペラのように回転させることは、サイボーグにして初めて可能な技なので、グリーバス将軍の言うように「ジェダイの技はドゥークー伯爵から教わってマスターした」なんてことはないはずだ。 また、腕を回転させるという、多細胞生物には不可能な動きを、脳でコントロールできるものなのだろうか。 まぁ、グリーバス将軍は異星人のサイボーグだから、腕を回転させるような動きを受け入れ、コントロールすることができたのかも。

いや、ちょっと待てよ。 生来の身体の反応とは異なる動作を、脳が覚えて実行することは可能な気がする。 だってワシも毎日やってるもんね。

進行方向を左に変えるために、左手を下げて右手を上げる。 言葉をつづるために、指をアチコチに動かす。

自動車を運転したり、キーボードを打ったりするという、生来の動作ではない動きを、小脳が記憶し、大脳を煩わせずに処理しているのだ。

これを応用すれば、ヒトの脳を戦車や戦闘機に組み込んで、戦闘サイボーグにしちゃう、ということもできちゃうかもね。 ……物騒な話だが、実用化されかねないなぁ。

(とど)めの法則

「主人公は(とど)めを刺されない」という法則がある*5。 ありとあらゆる映画、アニメ、小説において、悪役が主人公の命を狙い、窮地に陥れたとき、なぜか止めを刺さずに去ってしまう。

「ふっふっふ、奴はもう助かるまい。あとは(手下|怪物|重力|運命)に任せておこう」

ってな具合で放置された主人公は、なんとか窮地を脱して、悪役を討つのだ。

エピソード3でも、この状況が発生する。 もっとも、主人公(の一人)であるアナキン・スカイウォーカーを放置するのは悪役ではなく、善玉のオビ-ワン・ケノービである。

あーあ、そこで放置するから、「悪の権化」ダース・ベイダーがのさばることになるんだぜ、オビ-ワン。 ちゃんと止めを刺せよ。

……というか、アナキンが燃えて苦しんでいるのを放置するなよ。 愛があるなら、止めを刺したほうがアナキンのためだったろうに。

……もちろん、惑星ムスタファでダース・ベイダーが死んでしまったら、エピソード4〜6はなくなっちゃうのだけどね*6

ちなみに、エピソード3で一番感動したのは、惑星タトゥーインでのラストシーンだった。 二つの太陽が沈む夕焼け空を、若いオーウェン叔父さんが眺めている。 そこに生まれて間もないルークが連れて来られる……。 エピソード4から6までの三部作をリアルタイムで見てきたワシらの世代への、ルーカス監督からのプレゼントであり、メッセージでもあるのだろう。

スターウォーズの物語は、ここで閉じる。 だが、これで終わりではない。


*1 グレゴリー・ベンフォードのSF『光の潮流』(だったと思う)に出てくる作戦である。
*2 こういうことを書くと、またまたキッズgooで表示不可になっちゃうなぁ。
*3 アニメ映画『アップルシード』の主人公の一人、戦闘サイボーグのブリアレオスも撃たれて倒れ、咳き込む。彼も装甲の下に生物学的器官を残しているかららしい。
*4 単細胞生物の鞭毛(べんもう)や、ヒトの気管などの上皮組織の繊毛(せんもう)は、モーターのように回転する。しかしこれは、運動器官が回転するというより、タンパク質の部品が回っているのである。
*5 ワシが作ったのだが、誰でも思い当たるはずだ。
*6 銀河皇帝が権力を得ることには変わらないから、「スターウォーズ」は続くだろうが、皇帝を倒すこともできなかったりして。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-06-18 (水) 22:49:34 (4110d)