シン・レッド・ライン

原題
The Thin Red Line
監督
テレンス・マリック
主演
ジム・カヴィーゼル、ショーン・ペン

ガダルカナル島に上陸した米軍と日本軍守備隊との攻防戦を描いた『シン・レッド・ライン』……ドキュメンタリーのような戦闘シーンでは、カメラの(自分の視点の)まわりにいる「仲間」がバタバタ倒れていく。

実際、戦場に行ったら(行かされたら)ワシもあんなふうに弾丸に貫かれ、あるいは砲弾に引き裂かれて、苦しみながら死んでしまうのだろうなぁ、などと考えると、まったく、戦争なんて個人にとっちゃ無意味だなぁ、と思う。

ニック・ノルティ(『48時間』のデカイ刑事……まぁ、ジジイになっちまって)の演じる将軍の狂気が怖かった。 『戦場のピアニスト』のエイドリアン・ブロディも脇役で出ていた。 そのニック・ノルティやエイドリアン・ブロディをはじめ、たくさんの登場人物がみな恐怖し、後悔し、傷つき、あるいは死んでいくのを見ていると悲しくなる。 そういう点で、『プライベート・ライアン』とはまた異なるテイストの、異色の戦争映画だ。

日本兵がちゃんと日本語を話していることにもビックリしたり。 『ウインドトーカーズ?』なんかだと、日本兵は不気味なだけだったもんね。

初出:科学的逍遙日誌


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-07-23 (日) 16:51:09 (4774d)