ザ・コア

原題
THE CORE
監督
ジョン・アミエル
主演
アーロン・エッカート、ヒラリー・スワンク

回転を停止した地球の核(コア)を再び回転させるべく、科学者たちのチームが地底潜航艇で核へと向かう、という『ザ・コア』……映像的にはなかなかキレイだったし、地底潜航艇というのは20世紀に少年だったワシらにとっては憧れだから(鉄腕アトムの「地底戦車」とかサンダーバードの「ジェットモグラ」とか……)それなりに面白くはあったが、どうして「地球を救え!」というSF映画は、科学的ツッコミどころ満載になってしまうのだろう。

まぁ、ワシは物理学には疎いし、地球科学も大学の教養程度だから、もっと詳しい人から見たら、さらに噴飯物だったりするんだろうなぁ。

……というわけで、気になった点をいくつか。

地底に空洞っていうのはバロウズ以来のSFの定番だが(さすがに地底人は出てこないけど)、地下にあんな空洞は存在できるのだろうか?

地殻の下のマントルがまるで溶岩のように描かれていたが、たしかマントルは高温ではあっても高圧なので液体ではなく、「長時間のうちにはゆっくりと流動する固体」のはずだ。振る舞いからすると、氷河のようなものだとおもっていたけど、違うのだろうか?

2500℃までしかもたない耐熱服で、たとえ数分であれ、5000℃の環境に居られるものだろうか? まてよ、外核付近って、5000℃にもなったっけ? 2500Kくらいと書かれた文献もあったような気がするが……。

熱と圧力をエネルギーに変えるという、またまた都合のよい新物質(超合金?)がでてきて、ラストのほうで電流を取り出してたけど、電源ケーブルをつなぐまでの間、その電気エネルギーはどこへ消えていたのだろう? 艇体内部に熱として放出していたのかな? それで潜航艇内が5000℃になっちゃった?

潜航艇内の居住区の温度をヒトが活動可能な程度まで下げるには、どこかへ熱を逃がさなくてはならないと思うのだけど、どうやったのだろう……あ、前方へ照射して穴を開けるのに使っていたレーザーが、じつは放熱を兼ねていたのかな?

原子力エンジン(原子力発電装置?)から引っ張り出した燃料棒(プルトニウム)って、たぶん減速材を間にはさんだパッケージになっているはずだよね? それって、原爆と一緒に置いただけで、核爆発の威力の補助になるのかなぁ?

だいたい、相当な角運動量を持っているだろうに、核の回転が止まったり、止まっている状態から核爆発くらいで再起動(?)できるのだろうか?

初出:科学的逍遙日誌


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-07-23 (日) 16:49:01 (4807d)