エボリューション

原題
EVOLUTION
監督
アイバン・ライトマン
主演
デビッド・ドゥカブニー, ジュリアン・ムーア

TV放映された映画『エボリューション』を見た……が、なんじゃぁありゃあ。 『ゴーストバスターズ』ばりのおふざけ映画であった。 そういえば、ダン・エイクロイドが知事役で出てたな。 増殖しちゃった異星生物を退治するのに町を焼き払う、という軍の提案を、最初は「そんなことはできん」と言ってたくせに、自分が攻撃されたら、「どんな手段でもいい、やつらを皆殺しにしろ」と言い出した州知事。 まぁ、「選挙民のため」と口では言いながら結局は我が身大事の政治家のパロディ、ということなのだろう。 そう考えると、あの映画は身勝手な政治家、単純思考の軍人、間抜けな科学者、アホな学生、不真面目な民衆、差別意識の抜けない白人、被害者意識の抜けない黒人……等々を馬鹿にしまくることが目的で作られたのだろうか? すると、タイトルの「エボリューション」つまり進化は、「進化について無知なアメリカ人」を馬鹿にしているよ〜ん、ということだろうか?

さて、タイトルというかテーマの「進化」をはじめ、科学的な間違いはいちいち指摘していられないくらいだが、気になった点をいくつか。

科学者の肛門から侵入した異星生物が、脚の皮膚の下をもぞもぞ動いたりしていたが、ちょっと待てよ。 消化管の「中」は、体の「外」である。 つまり、腸管内から腸壁と腹膜を破って皮下へ進んだということになると、腹膜炎その他オオゴトになるだろうに。

もともとの脚本が変なのか、翻訳が変なのか判らないが、巨大化した異星生物が無性生殖で二つに分かれて増えようとしている様子を見て「有糸分裂だ」と言っていた。 「有糸分裂」は染色体を形成するタイプの細胞分裂の核が分裂する際のようすのことだ。 細胞分裂だよ、細胞。 多細胞の生物が二つに分かれて新しい個体になるような「分裂」は、体軸を基準にして「横分裂」または「縦分裂」のどちらかだ。 ケツの穴に対して垂直に割れ目が入っていたから「縦分裂」……かな?

ケツの穴が開いている、というのも変だよね。 普通、あんなふうに開いているのは呼吸孔だろう。

……って、やっぱりシモネタばかりだなぁ。

セレン(Se)が異星生物の弱点となる、いう根拠もよくわからない。 炭素(C)を基礎とする地球の生物にとって砒素(As)が毒なのだから、元素周期表の上で炭素と砒素の位置関係と同じセレンが、窒素(N)を基礎とする異星生物にとって毒だろう、というのだ。 でも、最初に、DNAに塩基が10種類あるから、地球の生命体ではない、と考えたのではなかったっけ? DNAが遺伝物質だというのなら、異星生物も炭素を基礎にしているじゃん。 それに、窒素を基礎にする生物って、ワシもそうじゃん。 窒素がないとタンパク質を作れないのですが。 それに、炭素の右隣が窒素だから、砒素の右隣のセレンが異星生物にとって毒、……なんてそんなこと、どうして思いつくものやら。 その程度の科学知識だから、よその国に劣化ウランをばらまいても平気で居られるのかなぁ。 そういえば、異星生物を抹殺しようとして、軍人どもはナパーム(ゼリー状のガソリン)を使っていたなぁ。 アメリカ軍に空から油脂焼夷弾をばら撒かれた日本人の子孫としては、その炎をバーベキューにたとえられたりすると、むかつくなぁ(きっとベトナムの皆さんもそう思ったであろう)。

ただ、一つだけ、ポケモンの「進化」よりも多少「進化」らしかったのは、酸素に適応していなかった個体が死に、生まれた子供が酸素に適応できていたこと。 ポケモンは同じ個体がピカチュウからライチュウへ、というように「進化」するが、あれは進化ではなく「変態」だ。 『エボリューション』の異星生物は、「親」個体が死んで、環境に適応した「子」個体を残す。 この点だけは進化論的だが、しかし、無性生殖であれだけ変異するというのも変だよねぇ。 あらかじめ、多様な環境に適応できるような遺伝子セットが用意されていて、「子」個体が形成される際に、「親」個体がその遺伝子を活性化するような情報を渡すのだろうか?

まぁ、なんといっても不思議なのは、あれだけのバイオマス(生物量)をどうやって調達したのか、ということだ。 ほとんど無から有を生じるような「魔法」だから、あの映画はSFではなく、ファンタジーだったのだね。 ファンタジーだとしたら、生物学とは相性が悪いはずだ。

初出:科学的逍遙日誌


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-12-23 (土) 11:37:31 (4657d)